KINOさんのときどき着物日記

<   2010年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧




アンティークな刺繍帯 その3 

これも古い刺繍帯。
グリーンの地色に紅葉したカエデの刺繍が綺麗です。
紅葉の季節も終わり、来年まで箪笥の中でお休みです。


e0200405_19541340.jpg

e0200405_19543076.jpg

[PR]



by kinosan_kimono | 2010-11-30 19:56 | 着物 | Comments(2)

大相撲

あっというまに大相撲九州場所が終わってしまいました。
横綱白鵬が14勝1敗で優勝。
連勝記録は二日目でストップしてしまいましたが
気持ちを立て直して優勝したのは本当にえらい!!
白鵬はモンゴル人だけどあんまりりっぱなので誰も文句のつけようがないどころか、
大相撲を一人でしょって立っている白鵬に申し訳なさすら感じますm(_ _)m

インタビューで白鵬は「私は強い人間ではない。ただ運が良かっただけ。でも運は努力した者にしか与えられない」と言っています(涙)
また「横綱が育ってほしい。だが、自分がその横綱の壁になれる様に精進しなければならない」とも言っています。
はぁ〜立派すぎる〜  こんな異国の地であんたはエライっ!
心なしか顔まで仏像化しています・・・

ところで最近のヒットはNHKの相撲担当アナウンサーの藤井さんでしょうか。
力士の立ち合いの悪さや気合いのなさなど、見ているこちらが感じている事を代弁してくれる様な辛口のコメントがいい。
特に解説が北の富士さんだったりしたら、歯に衣着せぬ発言でますますスッキリしてしまいます。

笑ったり怒ったり、毒を吐きまくりの私の相撲観戦も来年までおあずけです。


e0200405_18323686.jpg

                 横綱白鵬
[PR]



by kinosan_kimono | 2010-11-29 18:36 | スポーツ | Comments(2)

木のお人形

今年から人形着物の教室に通っています。
人間の着物ばかり縫っていると、時々可愛いものも作ってみたくなります。
先生は人形作家でもあり、今回は木のお人形の展示会をされました。
ひとつひとつ手彫りなので、どれもノミの跡が感じられて素朴な暖かさが伝わってきます。
私は今までお人形にはあまり興味がなかったので、詳しい事はわからないのですが、
肘や膝の関節がみんな動く様になっていて一体作るのにも随分時間がかかりそう。
また先生は色のセンスがすばらしく、それはお人形の洋服や着物の生地選びにも感じられます。
私もいつか人形を作ってみたいと思うのですが、遠い先のことになりそうです・・・


e0200405_1815757.jpg

[PR]



by kinosan_kimono | 2010-11-28 18:17 | おでかけ | Comments(0)

さよならパーティー

リトアニア大使館文化担当のガビヤさんが来月帰国することになり、ささやかなさよならパーティを開きました。
少人数のあつまりでしたが、皆さんがお酒や食べ物を持ち寄ってくださりお腹いっぱいの楽しいパーティーでした。
夫のてっちゃんはホームパーティーが大好きで、昔は人見知りだった私も色々な人に出会えるのを楽しめる様になりました。
それにしてもパーティー好きは遺伝する様で、息子も大人数のクリスマスホームパーティーを企画中とのこと・・・どうなることやら・・・

リトアニアとの出会いはリトアニア出身でアメリカに住む映像作家のジョナス・メカスさんと夫が知り合ったことがきっかけです。
メカスさんは実験映画の世界ではとても有名ですが、実験映画の保存や上映をするためのニューヨークのアンソロジーフィルムアーカイブスを設立し館長としても活動しています。
私もニューヨークのメカス宅を訪ねたことがありますが、昨年は息子さんも我が家に滞在して日本を旅しました。
いつかリトアニアにも行ってみたいと思っています。
来てくださった皆さん本当にありがとうございました!!
ガビヤさんお元気で!!!

楽しい一夜を残したかったのですがいろいろと忙しく撮影できませんでした。
残念!!
下の写真はリトアニアリネンのエコバッグとものすごく美味しいリトアニアのライ麦パン。
ガビヤさんからのプレゼントです。

ジョナス・メカスさんについては青字をClick!


e0200405_23131392.jpg

[PR]



by kinosan_kimono | 2010-11-24 23:25 | Comments(0)

映画「イリュージョニスト」

フランスのアニメーション作家シルヴァン・ショメ監督の新作「イリュージョニスト」がジブリ美術館提供作品として2011年春公開されるそうです。

この映画はフランス喜劇映画の巨匠ジャック・タチ監督が1950年代に書いた脚本が元になっています。
ジャック・タチの代表作「ぼくの叔父さん」は私も好きで2〜3度見ましたが、
なんと1958年の作品ということでびっくりしてしまいます。

ショメ監督の映画「イリュージョニスト」の主人公の名前タチシェフはタチ監督の本名だし、予告動画をみると主人公の雰囲気やいでたちも「ぼくの叔父さん」でタチ監督が演じたユロ氏にそっくりで、ショメ監督のジャックタチへの尊敬と愛が感じられます。
映像もすごく綺麗で今からとても楽しみです^^


[PR]



by kinosan_kimono | 2010-11-21 14:50 | 映画・DVD | Comments(0)

大相撲

大相撲が始まりました。
11月は九州場所ですが、このところの九州場所は空席が目立ち、
テレビで見ていても寂しい限りです。
7日目でようやく「満員御礼」になりましたが、一番の話題だった横綱白鵬の連勝記録が63でストップしてしまったのも影響しているのでしょうか・・

今場所好調の豊真将(ほうましょう)はとても人気がある力士です。それは
立派な体に武士の様な顔、粘り強い取り口、礼儀正しい受け答え、所作の美しさなど
日本人が好むものをたくさん持っているからでしょう。
豊真将は病気のために一時は相撲を諦めて警備員をしていた事もあるそうです。
今も怪我の連続で本当に同情してしまいますが、
大好きなお相撲さんなのでいつも応援しています。
親方の錣山(しころやま)は往年の人気力士寺尾関です。


e0200405_2224051.jpg

                 豊真将関
                  
[PR]



by kinosan_kimono | 2010-11-20 22:29 | スポーツ | Comments(0)

染め替えて。

以前ネットオークションで紬の反物を購入し、届いてみたら想像していた色とまったく違っていてガッカリ・・
しばらく茶箱の中で埋もれていましたが、思いきって黒に染めてみました。
黒の無地といえば着物の世界では喪服だけ。
普段に黒無地を着るなんて昔の人が見たらびっくりしてしまいそうですが、
八掛けを金茶にして、洋服感覚で黒を着てみました。
帯はベージュに鳥獣戯画風の素描きです。
80才まで着られそうな地味な組み合わせです。


e0200405_210912.jpg

e0200405_20564574.jpg

[PR]



by kinosan_kimono | 2010-11-16 21:02 | 着物 | Comments(0)

ベジャールバレエ団

今日はモーリスベジャールバレエ団の公演を見に行って来ました。
20世紀最高の振付家と言われたベジャールは2007年に亡くなってしまいましたが、ベジャールバレエ団のジル・ロマンがバレエ団を引き継いで芸術監督になり、今回来日しました。

演目は「三人のソナタ」「火の鳥」「メフィスト・ワルツ」「アリア」の四本です。
今回の4演目の中で私が一番良かったのは「火の鳥」。
この作品は、革命のために闘うパルチザンを描いていて、倒れても不死鳥のようによみがえるパルチザンのリーダーが踊る圧倒的なソロ、そして連帯を表わす群舞からラストへと高揚していく見事なダンスの連続で、非常にわかりやすく素晴らしい作品です。
ベジャール最高傑作の一つといわれているそうで、私も感動でウルッときました。

最後の演目「アリア」はジル・ロマン初の振り付け作品ということで楽しみにしていました。
この作品は以前、ベジャール亡きあと芸術監督を引き継いだジル・ロマンの苦悩の日々を綴ったドキュメンタリー映画「ベジャール、そしてバレエは続く」の中で紹介されていて、この映画は最近見た中でもとても好きな映画でしたので、「アリア」は今回の来日公演でぜひ見たかったのです。
作品の個々のシーンでは素晴らしいダンスで引きつけられるのですが、
全体として散漫な感じを受けるのは構成のせいなのかしら・・・
ド素人の私が言うのも失礼ですが、何かまとまりに欠ける感じがしてしまいました。

とはいうものの、ダンサーは皆すばらしい!!
体一つが勝負の世界。数あるアートの中でもダンスほど過酷で美しいものはないなぁ〜といつもため息がでます。

e0200405_22433680.jpg

[PR]



by kinosan_kimono | 2010-11-14 22:50 | ダンス | Comments(2)

サッカーのこと

サッカープレミアリーグ、リヴァプール対チェルシーは2−0でリヴァプールが首位のチェルシーをくだしました(やった!)
リヴァプールは今期低迷していましたが、フェルナンドトーレスの調子も良くなった様で、これから順位を上げてくるでしょう。多分・・・

サッカーを見る様になったのはまだ日本のJリーグ発足前でその頃はイタリアセリエAのファンでした。ACミランの全盛期でオランダトリオが大活躍の頃でした。
それまでサッカーといえば高校生の頃、部活のサッカーを観戦したぐらいでしたので、あまりのおもしろさにはまりました。
はじめはイタリアサッカーのファンでしたが、ある時イギリスのマンチェスターユナイテッドがホームのオールドトラッフォードで試合をしているのを見てびっくり!
イギリスのサッカーがすっかり好きになりました。
その頃のイタリアサッカーは中盤でのつぶし合いが激しく、なにかすっきりしなかったのですが、プレミアのサッカーは攻めが中心、そして攻守の入れ替わりが激しく私は完全に目が覚めた気がしました。
またオールドトラッフォードの観客がすばらしく、良いプレーに贈るファンの拍手は、私が言うのも何ですがサッカーを本当にわかっていて、サッカーを長く愛して来た人達の歴史を感じ、とても感激しました。

その頃日本では今ほどサッカーがメジャーではなかったので情報が少なく、ワールドカップの時には自分で選手名鑑や星取り表を作ったりしてものすごく楽しかったのを覚えています。
今では新聞などにすべての参加国の選手名や対戦スケジュール、選手のプロフィールなどがくまなく紹介されていて何か楽しくないのは、私があまのじゃくだからかしら・・・・
自分だけの秘密の楽しみって誰にでもありますよね!!


e0200405_23494156.jpg

             トーレス、スーパーゴ〜〜〜〜ル!!
[PR]



by kinosan_kimono | 2010-11-13 00:01 | スポーツ | Comments(0)

イギリス紀行 コートールドギャラリー

イギリスに旅行に行く前に夫のてっちゃんにどこかおすすめのところはないかと聞くと、ガイドブックに付箋を貼ってくれたところが「コートールドギャラリー」でした。
バタバタしているうちに旅行も終盤になり、せっかく推薦してくれたのに行かないで日本に帰ったのでは何か申し訳ないと思いバスを乗り継いでコートールドに行きました。

ここはロンドン大学の付属施設でサマセットハウスの中にあります。1932年に印象派を中心に収集していた実業家のサミュエル・コートールドのコレクションを元に設立され、その後いくつかの個人コレクションを加えて現在の形となったそうです。
美術館としてはこじんまりとしているのですが、中に入ってみるとそのコレクションの質の高さにただただびっくり。
マネ・セザンヌ・ゴッホ・ルノワールなど、どの絵も今となっては教科書などで誰もが一度は目にした事のある絵ばかりですが、当時はまだ印象派の絵画はあまり注目されていなかったそうでコートールドさんが自分の目で選んだというところが素晴らしいと思います。
そして美術館の建物も無機質な作りではなく個人宅の様な作りで、螺旋階段を登って部屋に入ると暖炉があったり大きな窓があったりして、ゆったりとした気持ちになります。

行かなくちゃ申し訳ない・・からはじまりましたが、帰り道にはホントに行って良かった!という気持ちでいっぱいになりました。


e0200405_2144530.jpg

     サマセットハウスの中庭(工事の重機が気になりますが・・・)
[PR]



by kinosan_kimono | 2010-11-09 21:48 | | Comments(0)

日々の暮らしや大好きな着物のことを書いています。
by kinosan_kimono
プロフィールを見る
画像一覧

フォロー中のブログ

最新のコメント

> Keiさん そうな..
by kinosan_kimono at 22:30
えーっ⁉️そーだったの⁉..
by Kei at 20:53
> りかさん そうなん..
by kinosan_kimono at 07:12
ご無沙汰してます!久しぶ..
by りか at 03:03
▫️Keiへ・・ そう..
by kinosan_kimono at 07:15
えーーーーっ!!!! ..
by Kei at 14:11
ムキムキおじいさんかぁ。..
by りか at 03:20
▪️りかちゃんへ・・ ..
by kinosan_kimono at 23:29
久々おじゃまします!筋肉..
by りか at 18:34
おーつ様。 faceb..
by kinosan_kimono at 00:51

最新のトラックバック

venuscozy.co..
from venuscozy.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
2015年版若手男性、池..
from dezire_photo &..
初めて見た
from Anything Story
次回の映画は?
from Anything Story
凄い記録
from Anything Story

検索

ブログパーツ

最新の記事

ゴールデングローブ賞のケイシ..
at 2017-01-15 11:15
2017年になりました。
at 2017-01-02 21:56
着物のお直し
at 2016-12-23 19:51
今戸焼
at 2016-12-18 00:42
ビンテージハウスで楽しむスタ..
at 2016-12-15 20:56

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧