KINOさんのときどき着物日記

<   2011年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧




桜の着物

着物の世界は季節をとても大切にしますが、季節に先んじて着るのが良いとされています。
明日から3月なので、そろそろ桜の着物の出番です。

写真の着物は大正生まれの叔母の形見です。
叔母がお見合いに着ていった着物だそうで、私に残してくれました。
丈が短かったので長かった袖を切って胴の部分に継ぎ、派手だった八掛けを取り替えました。

昔の人は小柄だったので身丈が短い事が多く、せっかくアンティークの素敵な着物を手に入れても着られないことが良くあります。
そんな着物のお直しを頼まれることがあるのですが、外に出ない様に胴の部分に布を接ぐのは結構難しいものです。
何枚か直しているうちにやっと外にでない場所と長さの検討がつく様になりました。
少し手を入れる事で古い着物が蘇るのはとても嬉しいことです^^


e0200405_0232999.jpg
e0200405_0235127.jpg

[PR]



by kinosan_kimono | 2011-02-28 00:27 | 着物 | Comments(0)

Radiohead

Radioheadの新作アルバム「 The King of Limbs」がリリースされたので、
早速ダウンロードして、聴いてみました。

超人気者のRadioheadらしいアルバムですが、
私はここ最近のRadioheadの曲を聴いていると、何か暗い森の中に迷い込んだ様な
不安な気持ちになり出口を探したくなってしまうのです。
アルバムアートワークもちょっと不気味だし・・・

でも、リード曲の「Lotus Flower」などはだんだんと心に染み入ってくる様で
とても好きです。

なんといっても私が音楽を聴くのは、朝の通勤途中やお休みの日の午前中「元気だしましょ〜」って言う時なので、どんどん盛り上がってくるビートの効いたロックがぴったりで、どうしても最近のRadioheadは聴く回数が少なくなってしまうのです。
なんか目がうつろになって、引きこもりたくなってしまいそうで・・・

2月18日にハチ公広場にRadioheadが来ると噂になり、数千人のファンが集まったらしいので(もちろん噂話に過ぎなかったのですが・・)やはりすごい人気なのですね♪


e0200405_213535100.jpg

[PR]



by kinosan_kimono | 2011-02-26 21:38 | 音楽 | Comments(0)

マイライフ・アズ・ア・ドッグ

ツタヤから「旧作DVDレンタル半額」のDMが届いたので、早速観たかったDVD
を借りてきました。
一枚目は、昔観て印象深かった「マイライフ・アズ・ア・ドッグ」
スウェーデンのラッセ・ハルストレム監督の1985年の作品です。
この映画でアカデミー賞の監督賞にノミネートされ、ハリウッドに移ってからは
レオナルド・ディカプリオとジョニー・デップを起用し「ギルバート・グレイプ」
、その後「サイダーハウス・ルール」など良い作品を沢山撮っています。

あらすじは・・
スェーデンの小さな町に住む男の子イングマルは母と兄の二人暮らし。
この世で大好きなものはママと愛犬シッカン。
なのにママはとても思い病気に罹り日に日に元気をなくして行きます。
なんとか元気づけ様とすればするほど空回り・・
なにもかもうまく行かない時には、人工衛星に乗せられて宇宙に飛ばされたライカ犬の辛さをを考えて気を取り直すのがいつもの術。
夏になり母親の病状悪化のため愛犬シッカンとも引き離され、田舎の叔父に預けられることになる。
そこでのちょっとおかしな人々との心温まる交流や初恋などを織り交ぜながら
別離という悲しみを乗り越えて子供から大人へと成長して行く姿を暖かく撮っています。

ラッセ・ハルストレム監督はいつも悲しみとユーモア、そして愛をとても上手に描いています。根底にはいつも人間に対する暖かいまなざしが感じられて、見終わった後はその暖かい気持ちのままお布団にはいって眠りたくなります。

この映画はイングマルという子供が主人公。
いつも思うのですが、子供って本当に素晴らしい。
子供はいつも大人の都合とルールに従って生きるしかないし、何一つ自分の思う通りにならないのに、その限られた中で心の底から楽しみ、今を精一杯生きている。
大人になってもそんな風に生きられたら素晴らしいのに・・・
暑いの寒いのと文句タラタラの自分を振り返って反省しきりです。
私にも純粋無垢な子供時代があったはずなのにな〜 どこいったの〜!!


e0200405_23425923.jpg

[PR]



by kinosan_kimono | 2011-02-23 23:48 | 映画・DVD | Comments(0)

ダニエラグレジス

2月もなかばになり、冬物のセールもそろそろ終わりに近づいています。
それにしても最近の衣料品の安さにはビックリします。
洋服一枚とランチの値段が同じなんて、ちょっと前には考えられなかったことです。
特にコートなどは一生懸命考えて買った様な気がしますが、最近ではコートやジャケットでさえ毎年気軽に買える値段になってしまいました。

週に何日か着物のリサイクルショップで仕事をしているのですが、
そこに持ち込まれる膨大な量の着物や帯には本当にビックリしてしまいます。
もちろん洋服などはほとんどリサイクルもされずにゴミとして廃棄されていくので
ここに集まる着物達はまだ幸せと言えるかもしれません。

服作りに携わる人達もファッションとエコの共生を模索しているようで、
いろいろな取り組みもされています。
イタリア人で同世代のデザイナー・ダニエラグレジスは洋服を作りながら少しのハギレも利用してバッグなどを作っています。
とてもナチュラルで大好きな人です。
e0200405_21582446.jpg

             ダニエラグレジスの服



e0200405_21585624.jpg
              裂き布で作るバッグ
[PR]



by kinosan_kimono | 2011-02-19 22:17 | Comments(2)

お雛様

今年もあっという間に2月もなかばになってしまい、大急ぎでお雛様を出しました。
一年に一度なのでなるべく早くお雛様を出してあげようと思いながら、
いつもぎりぎりになってしまいます。
このお雛様は私が子供だった頃に母が買ってくれたものですが、落ち着いた色合いの木目込み人形でとても気に入っています。
特にお内裏様の顔がすごく愛らしくて大好きです。

今では娘のお雛様ですが、このところは毎年不在なので見せてあげられないのが残念です。
お雛様をいつまでも出しておくとお嫁に行けない・・とは、昔から言い伝えられていることですよね。
娘にそう言うと「すぐにしまって〜」と言いますが、今はまだいつまでも出しておきたい心境です・・。


e0200405_21315156.jpg

[PR]



by kinosan_kimono | 2011-02-15 21:33 | Comments(0)

Mumford & Sons

去年の秋頃、息子がi-diskにMumford & SonsのCD「sigh no more」を入れてくれました。
このバンドはバンジョーやマンドリンなどが中心になっていることもあって、
はじめて聴いた時はカントリーミュージックの様で何かピンとこなかったのですが、
何回か聴いているとボーカルがすごくいいし、アコースティックでありながらロックのノリもありストリングスも取り入れた多彩なサウンドで春が近づく今にピッタリな明るさがいい。

イギリス出身の彼らのこのデビューアルバムは全英チャート3位になり、グラストンベリーのフェスでは大合唱の盛り上がりだったそうです。

2月14日に発表される第53回のグラミー賞では2部門にノミネートされています。


[PR]



by kinosan_kimono | 2011-02-13 11:15 | 音楽 | Comments(0)

ハーブ&ドロシー

以前から観たかった映画「ハーブ&ドロシー」を観て来ました。
この映画は全米各地の映画祭で最優秀ドキュメンタリー賞などを受賞し、
ニューヨークでは17週のロングランを記録した作品で、
日本人の佐々木芽生さんが監督しています。

あらすじは・・・
1962年に結婚したヴォーゲル夫妻は公務員でアパート暮らしのけして裕福ではない生活ながらアート作品をコレクションすることに生活のすべてを費やしている。
お金儲けのためでなく大好きだから・・
そしてそれはモダンアートの希有なコレクションとなり、ナショナルギャラリーに寄贈されることとなった。
アーティストや作品に対する二人の愛情あふれる生き方を追ったドキュメンタリー。

とにかく二人のアートに対するパッションには驚きます。
だれにでも好きな物はいろいろあるけれどここまでの情熱をそそげる人はめったにいないでしょう。生半可な「好き」ではヴォーゲル夫妻にはなれません (- -:)
クレイジーなまでに何かに打ち込む情熱。
世間の評価がどうであれ自分の好きなもの、自分にとって大切なものにすべてをささげる生き方。
そんな対象がみつかったら人生は幸せです。
物に対してであれ、人に対してであれ・・・
e0200405_1313169.jpg

           ハーブ&ドロシーヴォーゲル夫妻



この映画にもたびたび登場するロバート・マンゴールドの作品。
どこかで見た様な・・
我が家で発見!! 夫のコレクションです。
偉大なコレクターにはなれませんでしたが、家族を楽しませてくれています(笑)
e0200405_12593462.jpg

[PR]



by kinosan_kimono | 2011-02-11 13:18 | 映画・DVD | Comments(0)

針供養

今日は新宿正受院の針供養に行って来ました。
針供養は和裁や洋裁など針にまつわる仕事についている人達が
折れたり曲がったりして使えなくなった針を供養して、
技術の上達を願うという行事です。

私のようにボチボチ仕立てをしているものでも、折れ針は結構たまるもので
小さな瓶にたまった針を持ってでかけました。
境内では和裁師会の人達が和裁用具を販売したり、
甘酒のサービスやお汁粉・焼き鳥などの販売もしていて、
こじんまりとした縁日のようでした。

供養に来る人たちは和裁の先生や生徒さん達が多く、
ほとんどの人が着物姿で、不思議な空間でした。
e0200405_2252253.jpg

    この装束には何か意味があるのでしょうか。いつか調べてみます。



e0200405_22524917.jpg

          「綿のおばば」と呼ばれる奪衣婆像。          



e0200405_2253969.jpg

           折れ針は豆腐に刺して供養します。
[PR]



by kinosan_kimono | 2011-02-08 23:13 | おでかけ | Comments(0)

銀座

今日テレビのニュースを見ていたら、銀座から築地を通って晴美まで路面電車を復活させようという話があるそうです。
中央区の人口は増加していて、晴美方面にはこれからも高層マンション計画があり、現在でも交通手段がバスしかなく不便さを解消するために路面電車案が急浮上しているそうです。
渋滞による遅れがなくステップが低くお年寄りにも乗り易いし、二酸化炭素を出さないという点でも過去の遺物の汚名を返上して未来の乗り物として脚光を浴びています。

夫に聞いてみると、銀座の都電は44年前に廃止されたそうです。
44年前と今では銀座の様子も様変わりしていますが、
昔の写真を見ると何かのどかで、映画「ALWAYS 三丁目の夕日」を思い出します。
銀座5丁目でレストランを開いていた夫の実家の写真を見つけたので、ちょっと載せてみます^^ 
約50年前の銀座です。

e0200405_0482716.jpg

[PR]



by kinosan_kimono | 2011-02-05 00:50 | Comments(2)

長襦袢

久しぶりに長襦袢のお仕立てをしています。
60才代の方の襦袢ですが素敵な深紅で、出来上がりが楽しみです。

着物以上に襦袢好きな人はとても多いと思います。
着物を着てしまえば襦袢はほとんど見えないので隠れたお洒落ですが、
地味な着物の振りから綺麗な襦袢がちらっと見えるのはとても素敵です。

私は無地の縮緬地の襦袢が好きで、少し古くなって柔らかくなった縮緬の無地の着物を襦袢に直して着たりしています。

下の写真は義母の襦袢だったものですが、サイズが合わないので解いて洗いました。
流水に藤の花が綺麗です。
夏までには仕立て直したいと思っていますが、いつも後回しになってしまいます。

e0200405_20481019.jpg

[PR]



by kinosan_kimono | 2011-02-01 21:20 | 着物 | Comments(0)

日々の暮らしや大好きな着物のことを書いています。
by kinosan_kimono
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
プロフィール
着物
おでかけ
家族

田舎暮らしの思い出
スポーツ
映画・DVD
ダンス
音楽
着物リメイク
サイクルロードレース
相撲

未分類

フォロー中のブログ

最新のコメント

> Keiさん そうな..
by kinosan_kimono at 22:30
えーっ⁉️そーだったの⁉..
by Kei at 20:53
> りかさん そうなん..
by kinosan_kimono at 07:12
ご無沙汰してます!久しぶ..
by りか at 03:03
▫️Keiへ・・ そう..
by kinosan_kimono at 07:15
えーーーーっ!!!! ..
by Kei at 14:11
ムキムキおじいさんかぁ。..
by りか at 03:20
▪️りかちゃんへ・・ ..
by kinosan_kimono at 23:29
久々おじゃまします!筋肉..
by りか at 18:34
おーつ様。 faceb..
by kinosan_kimono at 00:51

最新のトラックバック

venuscozy.co..
from venuscozy.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
2015年版若手男性、池..
from dezire_photo &..
初めて見た
from Anything Story
次回の映画は?
from Anything Story
凄い記録
from Anything Story

検索

ブログパーツ

最新の記事

ゴールデングローブ賞のケイシ..
at 2017-01-15 11:15
2017年になりました。
at 2017-01-02 21:56
着物のお直し
at 2016-12-23 19:51
今戸焼
at 2016-12-18 00:42
ビンテージハウスで楽しむスタ..
at 2016-12-15 20:56

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧