KINOさんのときどき着物日記

<   2011年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧




清志郎のこと

5月2日は忌野清志郎の命日。
亡くなってからもう2年になるんですね。
今年も追悼イベントや特集が組まれていて、今だに人気があります。

私が初めてRCサクセションを聞いたのはもうず〜っと昔で記憶も曖昧ですが、
多分中学生頃で、音楽好きで幼なじみのケイちゃんとよく始発電車に乗ってフォークコンサートに行っていたのですが、その頃だった気がします。
ジャンルでいえばハードフォークという感じでした。

その後しばらく聞かないと思ったら急に化粧をしてパンクになって登場したのでビックリしましたが、私もすでにフォークからロック好きになっていたので
そんな時代だったのかな・・
その後は大ブレイクしてカリスマになってしまいましたが、
スタイルは変わっても歌を聞けば清志郎らしさは昔とまったく変わっていなくて、
そう言う意味では本当のオリジナリティーを持った人でした。

清志郎の数ある曲の中では「タイマーズ」時代の「デイドリームビリーバー」
が好きです。
この曲はモンキーズのカヴァーですがモンキーズといえば私の小学生時代のアイドルで今から思えばなんで好きだったのかわかりませんが、
小学生にとってはすごく素敵に見えたんでしょうね。
小さなテープレコーダーでモンキーズのテレビ番組からこの曲を録音して聴いていました。

でも清志郎の歌う「デイドリームビリーバー」はオリジナルよりずっといい。
亡くなったお母さんの事を思って作った歌詞だと聞きましたが、そう思って聞くと
胸にグッとくるものがあります。歌詞に  

♪ ずっと夢を見て安心してた僕はデイドリームビリーバー・・ ♪

とありますが、私も子供の頃を思うと親の愛に包まれてそれが永遠に続いていくと思って暮らしていた気がします。
でもそれはいつか醒める夢のようなものなのです。



[PR]



by kinosan_kimono | 2011-04-30 01:14 | 音楽 | Comments(4)

フリマで・・

地震から50日。暗かった東京にも明るさが戻って来た様な気がします。
ゴールデンウィーク前日の今日は夜の街も人がいっぱいで
楽しそうな顔を見ているだけでこちらも幸せになります。

被災された方々を思う気持ちを忘れずに
私達も明るい日常を取り戻すことが大切だと思います。

何もかも失った人達を目の当たりにすると、服を買うのも躊躇しますが
最近フリマに行く機会があって久しぶりにお買い物をしたので
嬉しくなりました。

金額が安いと罪悪感も軽減されますしねっ!
エコですし・・
いろいろ言い訳ですが・・


e0200405_23522068.jpg
Tシャツとサルエルデニム 両方で600円!


e0200405_2356087.jpg

ショートブーツ(靴下別) 800円を600円におまけっ!


e0200405_23562523.jpg

              指輪 200円


それからフリマじゃないけど、エコバッグも買いました。
ジュート製で「New Internationalist」というイギリスのオルタナティブメディアのもの。
応援の意味も込めて。4ポンド(600円ぐらい)


e0200405_065478.jpg
    


以上、4月のお買い物でしたっ!!
[PR]



by kinosan_kimono | 2011-04-29 00:21 | Comments(2)

5月の着物

袷の季節もあと一ヶ月になりました。

フキの柄を織り出したこの着物は十日町あたりの紬でしょうか。
この季節にぴったりですが
地色が黒なので春にはちょっと暗めです。
帯を明るくして、丈も短めに着るといいかもしれません。

e0200405_10172764.jpg

e0200405_10195369.jpg

[PR]



by kinosan_kimono | 2011-04-26 10:26 | 着物 | Comments(0)

父のこと

先日、母と人形町を散歩しながら父の事を思い出しました。

父は大正10年生まれ(正しくは9年ですが、半年近く出生届けが遅れたそうです)。4年前に85才で亡くなりました。
「墨田川で産湯をつかい・・・」という台詞がありますが、東京下町育ちの父は隅田川でよく泳いでいたらしく、「隅田川に散骨してほしい」と言っていましたので、母と兄と三人で佃島の見える場所に灰を少しだけ撒きました。

生前、私の息子に宛てて自分の子供の頃の事を少しだけ書き残してくれました。
子供の記憶なので曖昧なところもありますが、当時の東京の下町の様子がわかりとても興味深いのでここに書き残しておこうと思います。

以下は父の文章です。

中央区役所の裏の京橋図書館の地下の資料室に昔の地図を見つけたので、記憶を辿ってみた。

目印は湊一丁目の鉄砲洲稲荷神社で、その前の鉄砲洲通りを南下すると湊二丁目となり、多分ここが生地だと思うが、日米戦争の最中に道路の疎開をしたので少しずれたかもしれないが多分このあたりだと思う。
地図ではこの稲荷神社の左下に中央小学校と出ているが、多分昔の鉄砲洲小学校で私の弟が学んだ学校だと思う。

さらに南下すると現在の佃大橋通りに出る。ここの隅田川ベリに佃島の渡し船の記念碑があるが昔は無料でこの蒸気船に乗って遊んだものだ。
佃島に遊びに行くと佃煮を作る匂いがしたものだが、子供であまり旨味はなかった。

この佃島の北側が石川島で、石川島造船所があった所だと思う。
関東大震災の時、母の背中におわれて隅田川に入ったのだが3才で覚えている事は少ないが対岸の空が燃えて真っ赤だったのは多分この造船所が炎上したことではないかと思う。

更に南下して佃大通りを越すと明石町に出るが昔(明治頃)は築地居留地となっていて外人が居留していたわけだが、私が小学生の頃は草原で、聖路加病院がポツリとあり、十字架が空高く見えていて、時々外人の姿を見かけたものだ。

更に南下すると晴美大通りに出る。ここに勝鬨橋があるが、昔は中央部が八の字形にハネ上がり大船が通っていたものだ。
この橋の河畔に海軍経理学校があり、一緒に仕事をした男はここを卒業していた。
その隣が今の魚河岸である。

更に南下すると浜離宮があり、昔は警備のきびしい所だったが、子供の頃はこの離宮の石垣で蟹を取って遊んだことがある。

覚え書きの様なものですが、これを読むと貧しく苦労の多かった子供時代、隅田川ベリを走り回って遊んでいた父の姿が想像できます。
できればもう一度会ってもっと色々な事を聞いてみたい・・・
そんな気持ちです。

e0200405_21512382.jpg

                 鉄砲洲稲荷神社
[PR]



by kinosan_kimono | 2011-04-24 22:01 | 家族 | Comments(0)

春のお庭

毎年この季節、我が家の庭が一番美しい時です。

庭といっても「猫の額」という形容がぴったりの小さな庭ですが
縁側に座って春の風を感じながらお茶を飲むのが最高です。

面倒見の悪い私なので、庭の手入れは年に一回の庭木の剪定(適当に刈り込む)と
夏場の草取りぐらいですが、宿根草の花々は毎年けなげに咲いてくれます。

堆肥を作って種を植え、苗を育てて花を咲かせる・・そんな丁寧な暮らしをしてみたいと思いながらいつもバタバタと走り回っているばかり。
そんな暮らし方もそろそろ見直さなければならない頃なのかもしれません。


e0200405_2221353.jpg
e0200405_2222173.jpg

[PR]



by kinosan_kimono | 2011-04-20 22:25 | Comments(0)

人形町散歩

暖かくなったので母と人形町を散歩しました。

人形町は江戸っ子だった父の思い出と重なる場所でもあります。
人形焼きが大好きだった父。
亡くなって4年になりますが、最近父の事を思い出す事が多くなりました。

そんな思い出話しをしながら、まずお昼ご飯は親子丼で有名な「玉ひで」で。
明治時代に親子丼を考案した店として知られています。
ランチタイムには行列ができてしまうのでなかなか入れませんが、今日はお天気も良く暖かかったので並んでみました。約40分ほど待って「元祖親子丼1500円也」を頂きました。

そのあと日本橋小学校に併設されている人形町社会教育会館で昔昔亭桃太郎さんの落語を聞きました。前座は昇太の弟子(!!)の昇吉さん。それからA太郎の一席があって桃太郎さんの出番です。
いつもながらのダラダラした笑いですが、この人独特の間がいい。
いつも元気がないというかシニカルなんです。
落語より桃太郎さん本人の天性の可笑しさが好きです。

落語が終わって外にでるともう夕方。近くにある手ぬぐい屋さん「ちどり屋」に。
あまりに沢山あって結局なんにも買わずに出てきてしまいました。
それからお土産にはお決まりの「鳥近」で卵焼きと「魚久」の粕漬け。
甘酒横丁の「柳家」で鯛焼きを買いました。ここの鯛焼きは一匹ずつの型で焼くので
周りのパリパリが美味しい。ここもやっぱり鯛焼き発祥の店らしくいつも行列です。ついでにアイス最中も買って駅まで歩きました。

春の一日、母との散歩はいつも楽しい♪

e0200405_22491053.jpg

            手ぬぐいの「ちどり屋」さん
[PR]



by kinosan_kimono | 2011-04-19 22:55 | おでかけ | Comments(0)

着物で洋服♪

久しぶりに着物地で洋服を作りました。

ずいぶん前に古着で買ったお召しで、たしか1,000円ぐらいでした。
本当は着物として着たかったのですが、反物の幅が狭く裄が足りないので
ずっと茶箱の中で眠っていたものです。
春にしてはちょっと暗い色ですが柄が可愛くて気に入っています。
e0200405_1350594.jpg

e0200405_13525133.jpg

e0200405_13541872.jpg

[PR]



by kinosan_kimono | 2011-04-19 13:58 | 着物リメイク | Comments(4)

お誕生日に・・

4月11日は夫の誕生日でした。
今年も二人でささやかにお祝いしました。
特にスペシャルなこともありませんが、震災後だけに
元気でいられることだけで充分・・という気持ちになります。

出会いというのは不思議なもので、どんな人かも良くわからないうちに一緒になったわりにはとても仲良く暮らしているのだから人生なんとかなるものですね。

でも私達はいろいろと好みは違っているなぁと思うのです。
だいたい夫は水が好きで、今も近くのジムのプールで週4回泳いでいるし、
温泉も大好きです。
ところが私は水が大の苦手。
お風呂に入ればすぐにのぼせて、小さいころは完全に気絶して裸で病院に担ぎ込まれたこともあるし、小学校の時はスイミングプールで溺れかけて今でもトラウマです。
とにかく水に入るとロクな事がない・・
老後夫婦で温泉旅行・・なんていうことはちょっと考えられません。
ごめんね〜!

食べ物にしても夫は洋食屋の倅だけあって生ものがあまり得意ではありませんが、
私は刺身で一杯・・なんていうのが大好き。
長い結婚生活でだいぶ歩み寄りましたが・・

でも大切なところではいつも意見が一致するのが不思議。
お陰で喧嘩もせずにやって来れました。
めでたし、めでたし・・・

下の動画は私がすごく好きな、誕生日のサプライズです。
初めて見た時はウルッときました。
歌っているのは誕生日の歌だそうです。
私もいつかこんなサプライズをしてあげたいな!


[PR]



by kinosan_kimono | 2011-04-16 01:15 | 家族 | Comments(0)

パリ〜ルーベ

待ちに待った自転車シーズンの始まりです!
スポーツの中でも一番好きなのが自転車ロードレース。
日本ではそれほどメジャーではありませんが、
ヨーロッパではサッカーに次ぐ人気を誇っています。
もちろんトッププロは年収も人気もサッカー選手並みです。
一日200km以上を走り、身を守るものはヘルメットだけという状態で時速100キロで山道を駆け下りるという肉体の過酷さと、レースの駆け引きや忍耐などメンタルの強さを求められるロードレースは究極のスポーツといえると思います。

すでにシーズンは始まっていますが、私にとっては4月に開催される「パリ~ルーベ」が大好きなレースでこれから一年が始まる感じです。

今年は昨日10日に開催されました。私も早めに夕食を済ませ、4時間のライブ中継を楽しみました。
「パリ~ルーベ」は1896年から行われていて今年で109回目という気の遠くなる様な歴史をもっています。コースはパリからルーベまでの約260kmでそのうち50kmは未舗装の石畳。強い振動でパンクや落車が多発する過酷なレースで
雨が振れば泥だらけになり晴れれば巻き上がる土ぼこりで真っ黒になるという大変なコースです。
今年は伏兵、チーム「ガーミン・サーヴェロ」のベルギー人ファンスーメレンが優勝しましたが、彼もゴール後は顔中真っ黒でした。

ロードレースにはまって15年、あまりに好き過ぎて語りたい事は山ほどありますが、迷惑なのでやめておきます(笑)

とにかくこれから「ツール・ド・フランス」までテンションが上がりっぱなしの私です。

e0200405_2151113.jpg

[PR]



by kinosan_kimono | 2011-04-11 21:07 | サイクルロードレース | Comments(0)

目黒川の桜

桜の季節になりました。
昨夜、中目黒にダンスに行ったら
目黒川は夜桜見物真っ盛りでした。
私は地震でなんとなくお花見気分が盛り上がらずにいましたので
去年と変わらない桜を見て嬉しい気持ちになりました。
今年は震災を考慮して桜祭りも中止、ライトアップもなしですが
川沿いのお店は店舗前にテーブルを出しておつまみを販売したり
なかなか楽しそうでした。

特に外国人が多かったですね。
放射能のせいでみんな国に帰っちゃったかと思いましたが
こんなに沢山の外国人が桜を楽しんでいるとはビックリ。
噂では昨夜は六本木に外国人の姿が少なかったらしいですが
みんな目黒川に来てるんじゃないのかしら・・
どうぞ日本の桜を楽しんで下さい^^

私は若い頃、目黒に随分長く住んでいましたが、
その時は目黒川にお花見に行った事はありませんでした。
どうしてかな〜と思って調べてみたら
ちょうど1980年代は護岸工事の真っ最中で
桜を別の場所に移植していたからなんですね。
もちろん今みたいにお洒落なお店が沢山ある場所でもなかったので
あまり行く事もありませんでした。
氾濫続きの目黒川を安全にし、その上桜の木を元に戻してお花見の名所にするなん
てすごいですね♪


e0200405_18171450.jpg

[PR]



by kinosan_kimono | 2011-04-08 18:21 | Comments(4)

日々の暮らしや大好きな着物のことを書いています。
by kinosan_kimono
プロフィールを見る
画像一覧

フォロー中のブログ

最新のコメント

> Keiさん そうな..
by kinosan_kimono at 22:30
えーっ⁉️そーだったの⁉..
by Kei at 20:53
> りかさん そうなん..
by kinosan_kimono at 07:12
ご無沙汰してます!久しぶ..
by りか at 03:03
▫️Keiへ・・ そう..
by kinosan_kimono at 07:15
えーーーーっ!!!! ..
by Kei at 14:11
ムキムキおじいさんかぁ。..
by りか at 03:20
▪️りかちゃんへ・・ ..
by kinosan_kimono at 23:29
久々おじゃまします!筋肉..
by りか at 18:34
おーつ様。 faceb..
by kinosan_kimono at 00:51

最新のトラックバック

venuscozy.co..
from venuscozy.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
2015年版若手男性、池..
from dezire_photo &..
初めて見た
from Anything Story
次回の映画は?
from Anything Story
凄い記録
from Anything Story

検索

ブログパーツ

最新の記事

ゴールデングローブ賞のケイシ..
at 2017-01-15 11:15
2017年になりました。
at 2017-01-02 21:56
着物のお直し
at 2016-12-23 19:51
今戸焼
at 2016-12-18 00:42
ビンテージハウスで楽しむスタ..
at 2016-12-15 20:56

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧