KINOさんのときどき着物日記

<   2011年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧




ストール

布好きな人なら誰でも沢山のハギレを持っているはず。
私も着物を仕立てた残り布やら、洋服にした着物地の切れ端やら
蚤の市で衝動買いした古布やら・・様々な小布をしまい込んでいます。

そんな布を生き返らせてくれるのがこのストール。
好きな様に接いで、裏地を付ければ出来上がり。
パッチワークの苦手な私ですが、着物地はどんな色柄でも相性が良く
あまり頭を悩ませなくても布が調和をとってくれる様です。
素材も縮緬、銘仙、モスリン、紬・・・なんでも引き受けてくれる懐の深さ。
大判なので羽織りもの代わりにもなります。

アイディアをくれた山ちゃんありがとう!!
e0200405_21571538.jpg
e0200405_21564764.jpg

[PR]



by kinosan_kimono | 2011-06-29 22:02 | 着物リメイク | Comments(4)

「光のほうへ」

デンマークの映画「光のほうへ」を見て来ました。

あらすじは・・
母子家庭で貧困にあえぐニックと弟。
二人は、酒浸りでほとんど家に帰ってこない母親に代わって
生まれたばかり赤ん坊を世話していた。
ところがその赤ん坊が突然死んでしまう。
罪悪感に苛まれながら成長した二人は長いあいだ音信不通だった。
母親の葬儀で顔をあわせることになるが、二人とも過去の出来事から立ち直れずに
心に傷を負ったまま酒と薬に浸りながら社会の底辺をさまよう生活を送っている。
兄は殺人容疑で逮捕され、妻を亡くした弟は一人息子マーティンとの暮らしのために薬の売人になるが逮捕されてしまう。
刑務所で偶然再会するのだが、すでに時は遅く取り返しのつかない事態になってしまう・・

というお話。

心に傷を負ったまま社会の底辺で生きる兄弟は本当に目を覆いたくなる様な
暗さで、梅雨のどんよりとした曇りの日に何でこんな映画を見に来ちゃったのかなぁ〜と思ってしまいました。
しかしながら映画はとても良く出来ていて、すっきりとした構成とラストへのたかまり、手持ちカメラの臨場感など大好きです。
内容も暗いながら生きる事への希望を失わず、心の傷も愛によって癒す事が出来るという事を静かに描いていて秀逸です。

でもこんな映画は娯楽という言葉にはなにかふさわしくない気がします。
とても重すぎて・・・
震災や原発事故、たよりにならない政府など暗い事の多い毎日、
明るく楽しい映画を観たいという気持ちにもなりますね。

ニック達の様に直接的な貧困ではないにしても、私達もまた暗い現実に生きているのかもしれません。

e0200405_22124869.jpg

                「光のほうへ」
[PR]



by kinosan_kimono | 2011-06-26 22:17 | 映画・DVD | Comments(0)

さよならiphone

3年弱使っていたiphoneを解約して普通の携帯電話に替えました。
スマホ全盛の時代に逆行する様ですが、自分の暮らしを考えてみると
iphone はまさに宝の持ち腐れって感じです。

スマートフォンを使っている人っていったい何をしているのかな〜?
私も音楽を聴いたり、取り込んだ小説を読んだり
時には暇つぶしにゲームをしたりする事もあるけど、それはipodでもできるし
外に出ている時は働いているのでネットに接続して何かを検索したり
ゆっくりウェブサイトを見たりする時間もありません。

外でiphone を使っている人を見ると何してるのかとても気になります。
私の知らない何かもっと素晴らしい使い方があるのかな??

でも解約した一番の理由は料金!
iphone は開くたびに自動更新されてしまうので、私みたいにあまり使わない人でも
パケット料金が高くなってしまうのが困りものでした。
来月から激減する予定の携帯料金が今から楽しみです^^

e0200405_18327.jpg

         お世話になったiphone と0円のサムスン携帯





e0200405_193336.jpg

          娘の白いiphone  やっぱりカッコいいんですよね〜
[PR]



by kinosan_kimono | 2011-06-26 01:13 | Comments(2)

マイケルジャクソンとサミーデイビスジュニア

1990年にサミーデイビスジュニアが亡くなってもう20年以上たちました。
私が子供の頃にはサントリーウイスキーのCMに出ていて、
「う〜ん、サントリー」というキメゼリフが流行ってよく真似したものです。
容姿も独特だったので覚えている人も多いと思います。
1973年頃のことです。

サミーデイビスジュニアは1925年にニューヨークのハーレムで
ボードヴィルショー巡業を生業とする一家に生まれ
子供の頃からレッスンを受けながらアメリカ中を転々として暮らしました。
後にフランクシナトラに見いだされ、歌と踊りの才能を高く評価され
20世紀を代表するエンターテイナーの一人として活躍しました。

素晴らしい歌とタップダンスはもちろんですが、
まだまだ人種差別が激しかった時代に過酷な差別を受けながらも活躍した彼は、
後に続く黒人エンターテイナーの道を開いた功労者とも言えると思います。

6月25日はマイケルジャクソンの命日です。
マイケルジャクソンは才能あふれる本当にすばらしいアーティストですが
マイケルが活躍した足もとにはサミー達が苦労して開いた道があったのです。

サミー60才の誕生日にマイケルが心をこめて唄っています。
この頃もうサミーは喉頭がんのため声が出なかったそうです。

曲のタイトルは「You Were There」(あなたがいたから)

歌詞の最後に Yes, I am here.
       Because you were there                          (そう、 僕が今日あるのは それはあなたがいてくれたから・・)

と唄っています。
いつも泣きそうになって困ります・・


[PR]



by kinosan_kimono | 2011-06-22 01:26 | 音楽 | Comments(0)

タップライブ! その2

先週の日曜日タップスタジオの3周年記念イベントが
六本木の「SUPER DELUXE」で行われました。
一部は私も参加させていただいて皆と踊り、
二部は熊谷和徳さんとゲストミュージシャンのセッションで盛り上がりました。

みんなで一つのものを作り上げるという作業は久しぶりのことで、
学生時代の部活動を思い出しました。

それにしても人前に出るのが苦手な私なので、こんなことになるとは考えてもみませんでしたが、私は所謂「その他大勢」なのであまり緊張することもありませんでした。

でもこれが自分が全責任をもって行う舞台だったらどんなに緊張することでしょう。
そんなことを繰り返しているアーティストってやっぱり凄いですね。
でも緊張した分だけ達成感も大きいし、
脳内にアドレナリンが出まくっちゃう感じで
一度やったらやめられないのが舞台なのかもしれませんね。

もし生まれ変わったらそんなことも経験してみたい!! と思いますが
また凡人に生まれ変わっちゃって、またまた「その他大勢」だったらがっかりですね(笑)

e0200405_2273787.jpg

[PR]



by kinosan_kimono | 2011-06-20 22:11 | ダンス | Comments(0)

「ツールドフランス」まで2週間!!!

いよいよ「ツールドフランス」まで2週間となりました。
直前の調整レースといわれる「ツールドスイス」も残すところあと二日です。

それなのに・・・優勝候補の一人、チーム「リクィガス・キャノンデール」
イヴァン・バッソが絶不調(泣)
練習中落車して顔を15針も縫う怪我をした影響らしい。
自身のホームページにも事故後の写真を掲載していましたが、
酷いものでした。

好きな選手はたくさんいるけれどやっぱりバッソはいい男。
今までいろいろなことがありました。
ドーピング疑惑で2年近く公式レースへの出場停止を言い渡されましたが、
復帰後の昨年、イタリア人にとって最大のレース「ジロ・デ・イタリア」で優勝し
完全復活!!
今年は期待されていたのに・・・

バッソはアームストロングみたいな完全無欠な選手じゃない。
タイムトライアルは苦手だし、山岳コースの下りも何か危なくてハラハラします。
でもそんなところが応援したくなっちゃうのかもしれません。
たくさんの人に愛されている選手です。

あと2週間、なんとか調子を取り戻してあの笑顔を見たいものです。

e0200405_21232430.jpg

               カッコいいです・・
[PR]



by kinosan_kimono | 2011-06-17 21:28 | サイクルロードレース | Comments(0)

梅雨の季節に・・

今年は昨年より17日も早く梅雨入りしてしまいました。
お天気が悪いとなんだか元気も出ませんが、
庭の雑草は元気いっぱいに伸びています。

今はどくだみが可愛い花を付けていて
抜いてしまうのがかわいそうです。


e0200405_21342897.jpg

メダカを飼っているこの鉢は田舎暮らしをしていた時に水瓶だったもの。
お引っ越しの時に持って来ました。
夏場には見ているだけで涼しげです。


e0200405_21415593.jpg

外に置いておいた靴にトンボがじ〜っととまっています。
よく見るとまだ羽が透き通っている・・
近くには背中がぱっくり開いた昆虫の抜け殻が・・
これってひょっとしたらトンボがヤゴから脱皮したのかも!
ヤゴは小学生の時以来見た事がないので自信ないけど。

こんな都会でも水辺には水辺の生き物が集まってくるんですね。

今日はこの靴は履かないで、そっとしておきます。
[PR]



by kinosan_kimono | 2011-06-15 21:43 | Comments(2)

大相撲 東北慰問

日本相撲協会による東日本大震災の被災地巡回慰問が始まりました。

初日は岩手県の山田町と大槌町で、横綱・白鵬関や大関・魁皇関ら幕内上位力士18人が握手やサインをしたり、ちゃんこ鍋を振る舞ったりしました。

東北は沢山のお相撲さんを輩出していて、それだけに相撲人気も根強いものがあります。
特に被災地は高齢化が進んでいるのでジャニーズよりやっぱりお相撲さんですね!!

それにお相撲さんを生で見た事がある人ならわかると思うけど、
あの巨体はそれだけで元気になれるすごいパワーがあります。

白鵬はこの日、小学校の昇降口など二カ所で横綱土俵入りを披露しました。
狭い場所で土俵入りを行うのは思った以上に大変なことだそうですが
しこを踏む所作には、災厄をはらい地を鎮めるという意味があり
被災地で行うことにとても意味があると思うのです。

「土俵入りに熱を込めた。この国のみなさまとの絆を深く感じた。来て良かった」
とは、白鵬のコメント。
いつもながら人格者の白鵬らしい涙が出るコメントでした。

このあと岩手県の大船渡市と陸前高田市を訪れ、宮城・福島を合わせた3県の計10カ所を回る予定。
大相撲を楽しみにしているお年寄りのためにも名古屋場所のテレビ中継だけではなく、できれば東北場所も開催してほしいな〜と思っています。

e0200405_1015531.jpg

[PR]



by kinosan_kimono | 2011-06-09 10:20 | スポーツ | Comments(1)

タップライブ!

先週私が通っているタップダンススタジオを主催する熊谷和徳さんのライブが渋谷のO-EASTで行われました。

K.K.QUINTETとのダンスをベースに、ゲストのパーカッショニストラティール・シーDJ・BAKU、そして山下洋輔との競演を楽しみました。
やっぱり熊谷さんのタップはすごいです〜!
技術の確かさはもちろんですが、それ以上に伝わってくるものがあります。

熊谷さんは仙台の出身で、今回の震災には本当に心を痛めています。
被災地へ行った人は皆「その惨状は筆舌に尽くしがたく涙がでる・・」と言います。
まして自分の生まれ育った地域がこんな悲劇に襲われたらその悲しみはどんなものでしょう・・。
あまり多くを語らない人ですが、今回のライブには言葉にできないそんな沢山の気持ちが込められています。
特にラストに近づくに連れてその気持ちが見ている私にもどんどんと伝わってきて
心に響きました。
熊谷さんのタップはタップを超えて一つの世界を見せてくれます。
また山下洋輔さんもピアノを超えていろいろなものを想像させてくれるすばらしいアーティストだということも再確認した夜でした。

そんな素晴らしいライブのアンコールに何故か私も舞台に上がることになってしまいました。
下の写真はダンスの最後に両手を上げてキメのポーズをとっている瞬間を写したものですが、右後ろの方に何故か一人「小さく前へならえ」をしている人が・・・
いつもながら肝心なところで乗り遅れる私です(- -;)

e0200405_103491.jpg

[PR]



by kinosan_kimono | 2011-06-07 10:12 | ダンス | Comments(2)

「ブラックスワン」

話題の映画「ブラックスワン」を観て来ました。

あらすじは・・
ニューヨークのバレエ団に所属するニナは母親から厳しく育てられ、
バレエ一筋に生きて来た。
「白鳥の湖」の主役に抜擢されるが、清純な白鳥は踊れても
エロスを知らないニナには官能的な黒鳥を踊る事はできない。
役作りの激しいストレスから心を病んでいくニナ。
そしてついに初日の幕が上がる・・・   というお話。

主演のナタリーポートマンはこの作品でアカデミー主演女優賞をとりました。
テーマは母娘の確執や抑圧からの解放というよくあるものですが、
とにかくこれでもかというほどポートマンが痛めつけられます。
これで賞がもらえなかったら悲惨ですよね。

バレエ映画と思って見ると大違い。
でもサイコホラー映画と思って見るとすごく良く出来ていると納得できます。
心を病んでいくニナの目に映る歪んだ世界。
ホントに恐ろしいです・・(ぎゃ〜〜!!)
映画ならではのいろいろなアイディアに溢れ、最後まで目が離せません。

確かに良く出来ている・・・でも、二度は見たくありません(> <)

e0200405_21314814.jpg

[PR]



by kinosan_kimono | 2011-06-04 21:39 | 映画・DVD | Comments(0)

日々の暮らしや大好きな着物のことを書いています。
by kinosan_kimono
プロフィールを見る
画像一覧

フォロー中のブログ

最新のコメント

> Keiさん そうな..
by kinosan_kimono at 22:30
えーっ⁉️そーだったの⁉..
by Kei at 20:53
> りかさん そうなん..
by kinosan_kimono at 07:12
ご無沙汰してます!久しぶ..
by りか at 03:03
▫️Keiへ・・ そう..
by kinosan_kimono at 07:15
えーーーーっ!!!! ..
by Kei at 14:11
ムキムキおじいさんかぁ。..
by りか at 03:20
▪️りかちゃんへ・・ ..
by kinosan_kimono at 23:29
久々おじゃまします!筋肉..
by りか at 18:34
おーつ様。 faceb..
by kinosan_kimono at 00:51

最新のトラックバック

venuscozy.co..
from venuscozy.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
2015年版若手男性、池..
from dezire_photo &..
初めて見た
from Anything Story
次回の映画は?
from Anything Story
凄い記録
from Anything Story

検索

ブログパーツ

最新の記事

ゴールデングローブ賞のケイシ..
at 2017-01-15 11:15
2017年になりました。
at 2017-01-02 21:56
着物のお直し
at 2016-12-23 19:51
今戸焼
at 2016-12-18 00:42
ビンテージハウスで楽しむスタ..
at 2016-12-15 20:56

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧