KINOさんのときどき着物日記

<   2012年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧




ADELE

今年もグラミー賞の季節がやってきました。
今年はイギリスのシンガーADELE(アデル)が大活躍で
Record of The Year」「Album of The Year」「Song of The Year
などにノミネートされています。

当の本人は声帯ポリーブの手術を受けたばかりで、グラミーに登場するかはわかりませんが、ぜひ歌声を聞きたいと思っています。

私もアデルが大好きで、去年一番聞いたのはやっぱりアデルのアルバムでした。
でも好きなのは4年前に出したデビューアルバムの「19」のほうで
こちらはシンプルな中にも原石の輝きがあって何回聞いても飽きる事がありません。

エイミー・ワインハウスもそうですが、こういう才能に恵まれた人は
凡人のように熟練することによって良くなるのではなく
はじめから、そして誰からも教えてもらわなくても
素晴らしいものをもっているのですね。

Make You Feel My Love」は仕事帰りの夜道を歩きながら、
よく一緒に歌いました。(前後に誰もいなければですが・・・)

綺麗なメロディーとシンプルな歌詞。
大好きです。


[PR]



by kinosan_kimono | 2012-01-31 00:02 | 音楽 | Comments(0)

帯でバッグ

珍しい色合いの古い袋帯を見つけたので
メンズサイズのバッグを作ってみました。

鼓の柄を大きく織り出した帯で
たぶん振り袖用だったのでしょう。
金がものすごく派手ですね・・・

e0200405_2036583.jpg


e0200405_2046076.jpg

[PR]



by kinosan_kimono | 2012-01-24 20:41 | 着物リメイク | Comments(2)

大相撲初場所

大相撲初場所が千秋楽を迎え、大関「把瑠都(バルト)」が14勝一敗で初優勝しました。
「把瑠都」の名前の由来はバルト三国の一つ、エストニアの出身だからです。

大きな体でユーモアセンス抜群の「把瑠都」はいつも飄々としていて
大関になる前は取り組み後の面白コメントが楽しみでした。

「把瑠都」の大好きなところは対戦力士を土俵から突き落とさないことです。
相手が土俵を割った所で力を緩め、時には相手の廻しをつかんで
転落しない様にするところに何か優しさを感じてしまいます。

なかなか日本語が上達しない「把瑠都」の優勝コメントは
「やればできるものです」と「お母さん生んでくれてありがとう」というのも
微笑ましかったです。

e0200405_23545511.jpg

[PR]



by kinosan_kimono | 2012-01-22 23:55 | スポーツ | Comments(2)

ヒミズ

「冷たい熱帯魚」や「恋の罪」で今もっとも注目される園子温監督作品「ヒミズ」を観てきました。
原作は人気コミック。当初は原作に忠実に脚本を書いていたそうですが
準備中に東北震災があり急遽脚本を震災後の日本に書き直し、撮影しました。

あらすじは・・
普通の大人になる事を夢見ていた15才の住田祐一染谷将太)。
だが借金まみれの父親の暴力や母の駆け落ちなど環境は最悪。
そんな彼に恋する同級生の茶沢景子二階堂ふみ)もまた
異常な家庭環境に苦しんでいる。
とうとうある事件をきっかけに普通の大人になる夢を断たれた住田は
絶望の中彷徨う・・・     
そんな彼を必死で救おうとする茶沢。
住田は絶望を乗り越え再び希望を見つけられるのか・・・


まだ震災の記憶が生々しいこの時期に
冒頭から津波にすべて押し流された瓦礫の山の映像からはじまり
そこここに震災を思い起こさせる場面が挿入されています。

この作品もまた暴力描写や詩の引用など
園監督らしいダークさと絶望感に包まれてはいますが
見終わった後は熱い感動が残る青春映画になっています。

主演の二人は評判どおりの熱演でした。

「住田、がんばれ!」と自分にいいきかせながら走るラストシーンは
普段ならどこか空々しい「がんばれ」という言葉が
激しく心に迫ってきます。

絶望という暗闇を通り抜けて希望を手にするために・・
震災という悲劇を取り込んだ園監督のメッセージが強く感じられる映画です。

e0200405_2331319.jpg

                「住田がんばれ!!」
[PR]



by kinosan_kimono | 2012-01-20 23:09 | 映画・DVD | Comments(0)

Golden Globe Awards 2012

第69回ゴールデングローブ賞授賞式が1月15日(現地時間)に開催されました。

作品賞は大方の予想どおり「アーティスト」と「ファミリー・ツリー」が受賞。
注目の主演男優賞はジョージ・クルーニーが受賞しました。
ブラッド・ピットは一歩及ばず残念でした(泣!!)

職場のPCでこっそり速報をチェック!!
ジョージクルーニーに決まったところで「あ”~!!」と叫んで
気持ちを切り替えお仕事に励みました。

それにしてもどの受賞作品も日本公開はこれからなので
何がいいのかわからないのが残念です。

お祭り色が濃いゴールデングローブ賞、
ハリウッドらしい華やかさがいいですね!

e0200405_0333263.jpg

                 マネーボール残念!!  
[PR]



by kinosan_kimono | 2012-01-19 00:29 | 映画・DVD | Comments(4)

男羽織から・・

とても上質な平絹の男羽織が見つかったので
古い大島と組み合わせて
簡単なノースリーブのワンピースを作ってみました。

こんな真冬にノースリーブなんて季節はずれもいいところですが
長袖にしてみたら、今ひとつパッとしなかったので
袖無しになってしまいました(> <)

いつになったら着られるんでしょうか・・??

e0200405_22152346.jpg

e0200405_22155339.jpg

[PR]



by kinosan_kimono | 2012-01-17 22:18 | 着物リメイク | Comments(0)

わんぱく戦争

暮れからお正月にかけて全然予定がなかったので新旧様々なDVDを見ました。

その中でも1961年の作品「わんぱく戦争」は私の大好きな映画です。
この映画は南フランスの隣り合う村の子供達の大戦争を描いた悪ガキ映画の古典的名作です。
私はこの映画をもう何回も見ているのですが
何度見てもその面白さは色褪せる事がありません。

誰でも映画や小説の登場人物を好きになることはありますが
私も3人の大好きな主人公がいます。
まず中学生の時読んだ夏目漱石の「坊ちゃん」。
もう一人は黒澤明監督の映画「椿三十郎」。
そしてこの「わんぱく戦争」の主人公ルブラックです。

強く優しく誇り高き少年ルブラック
悪ガキですがその心の気高さ、そして時折り見せる悲しそうな目
思わず抱きしめたくなる様な
大人の求める理想の少年像がそこにあります。

ほのぼのとした笑いの中に色々なメッセージが込められた素晴らしい映画です。
特に「あっ!」とビックリのラストシーンが大好きです!!

e0200405_8144715.jpg

[PR]



by kinosan_kimono | 2012-01-16 08:16 | 映画・DVD | Comments(0)

カフェ

最近は素敵なカフェが増えています。
本屋さんに行くと色々なカフェを紹介した本や雑誌が沢山あって
近くに行ったらぜひ寄ってみたいお店がたくさんあります。

若い頃から外でお茶するのが大好きでした。
・・・というよりまったく料理ができなかったのですべて外食。
そしてコーヒーさえ自分で入れる事はありませんでした。

その頃は今の様なカフェスタイルのお店はあまりなく
ジャズ喫茶やコーヒー専門店、あとは昔ながらの喫茶店がほとんどでしたけど・・

しばらくしてドトールコーヒーの一号店がついに原宿にオープン!
その頃原宿にいましたので、ここはいつも愛用していました。
広さ9坪という本当に小さいお店でしたが
低価格で、私の記憶では店内はスタンド式のみで、
そのスタイルがとても新しく感じました。
その後はアメリカからスタバがやってきてカフェチェーンの時代に入りました。

最近ではチェーン店ではない個性のあるカフェも増え、
お茶の楽しみも増えました。

さて地元に目を向けるとドトール、スタバ、タリーズなどなど
まだまだチェーン店がほとんどですが、
cafe&craft 萬里器」はこだわりの器でお茶が飲めるなかなか渋いお店です。

e0200405_16383913.jpg

e0200405_1639020.jpg

              器が素敵です・・
[PR]



by kinosan_kimono | 2012-01-13 16:58 | Comments(2)

Bill "Bojangles" Robinson

今日は今年はじめてのタップダンスのレッスンに行ってきました。
タップを始めて3年がたちますが今年も細々と続けていけたらいいな~と思っています。

タップダンスはもともとアメリカに渡ってきたアイルランド系の移民達が踊っていたダンスと黒人奴隷のダンスが融合したものだと言われています。
それだけにその歴史は差別と共にあります。

タップダンスというと昔のミュージカル映画などでタキシードを着て踊る姿を想像する人も多いですが、現代ではもっと原点に戻りリズムとして踊るダンスが主流になっています。

それでも昔映画で活躍したタップダンサー達の映像を見るのはとても興味深く
ニコラスブラザーズなどは大好きです。
中でもビル・ボージャングル・ロビンソンは「タップの神様」と呼ばれていて
激しい差別の中、黒人として初めて人前で踊る事を許されたダンサーだそうです。
1878年5月25日の彼の誕生日は今では「ナショナル・タップデイ」と名付けられ
様々なイベントが催されています。

昨年末、その「ボージャングルの振り付けを学ぶ」というワークショップがあり
参加してきました。
短い時間の中ではなかなか最後までたどり着けませんでしたが
ボージャングルらしいコミカルな振りもありとても楽しかったです。
またの機会にぜひ参加したいと思っています。
e0200405_021634.jpg

              Bill "Bojangles" Robinson




下の動画はサミー・デイヴィス・ジュニアが唄う「ミスター・ボージャングル」です。
この唄は本当のボージャングル・ロビンソンとは無関係だそうですが
とても好きな曲で、やはりボージャングル・ロビンソンの人生と重なることで
より胸を打つ一曲になっている様な気がします。

[PR]



by kinosan_kimono | 2012-01-10 00:06 | ダンス | Comments(0)

ジョセフ・ゴードン・レヴィット

昨年末に「50/50」という映画を見に行って
主演のジョセフ・ゴードン・レヴィットが良かったよね・・という話をしていたら
息子が「リバー・ランズ・スルーイット」の子役だった人だよねというのでビックリ!
たしかに・・!
顔が全然変わっていないので笑えますが、まったく気がつきませんでした。
e0200405_1034065.jpg


日本で子役と言えば江成くんや安達祐実ちゃんみたいに下降線を辿るケースがおおいので、こんな素敵な大人になっているなんてとても興味が湧きました。
彼は俳優業のかたわらコロンビア大学に進み歴史や文学を研究し、
フランス語も堪能でミュージシャンとしても実力があり、
「HitRECord」というコラボレーションアート・プロジェクトの運営者でもあります。
こんな事が俳優としての幅を広げているのかもしれません。

今やたくさんの監督に大人気の彼。
2012年には5本の公開作品が控えています。

二枚目俳優ではありませんが、この顔は癒されますよね〜
e0200405_10343847.jpg


**************************************
[PR]



by kinosan_kimono | 2012-01-07 10:39 | 映画・DVD | Comments(0)

日々の暮らしや大好きな着物のことを書いています。
by kinosan_kimono
プロフィールを見る
画像一覧

フォロー中のブログ

最新のコメント

> Keiさん そうな..
by kinosan_kimono at 22:30
えーっ⁉️そーだったの⁉..
by Kei at 20:53
> りかさん そうなん..
by kinosan_kimono at 07:12
ご無沙汰してます!久しぶ..
by りか at 03:03
▫️Keiへ・・ そう..
by kinosan_kimono at 07:15
えーーーーっ!!!! ..
by Kei at 14:11
ムキムキおじいさんかぁ。..
by りか at 03:20
▪️りかちゃんへ・・ ..
by kinosan_kimono at 23:29
久々おじゃまします!筋肉..
by りか at 18:34
おーつ様。 faceb..
by kinosan_kimono at 00:51

最新のトラックバック

venuscozy.co..
from venuscozy.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
2015年版若手男性、池..
from dezire_photo &..
初めて見た
from Anything Story
次回の映画は?
from Anything Story
凄い記録
from Anything Story

検索

ブログパーツ

最新の記事

ゴールデングローブ賞のケイシ..
at 2017-01-15 11:15
2017年になりました。
at 2017-01-02 21:56
着物のお直し
at 2016-12-23 19:51
今戸焼
at 2016-12-18 00:42
ビンテージハウスで楽しむスタ..
at 2016-12-15 20:56

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧