KINOさんのときどき着物日記

<   2012年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧




帯でバッグ

留袖を着た時に持つサブバッグを・・・と頼まれて
作りました。
素材は綴れ織りの帯です。

e0200405_2202779.jpg

[PR]



by kinosan_kimono | 2012-02-29 22:01 | 着物リメイク | Comments(2)

「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」

映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」を観ました。

あらすじは・・・

9・11 同時多発テロで父親(トム・ハンクス)を亡くした少年オスカー(トーマス・ホーン)。あれから一年がたってもオスカーの心は癒される事がない。
ある日、オスカーは父親のクローゼットで花瓶のなかに封筒を見つける。その封筒には「ブラック」と記され、一本の鍵が入っていた。
これは何のカギだろう? それに「ブラック」って誰のこと? 
父親のことを知りたい一心から、オスカーはその鍵にぴったりの錠前を求めてニューヨークじゅうの”ブラック”さんを訪ねてまわりはじめる。はたして、その鍵の謎は解けるのか? そしてオスカーは父親の死を受け容れることができるのだろうか?


予告編を観た時からなんだか泣いちゃいそうな映画だな〜と思っていたらやっぱり・・
観に行く人は首からタオルを掛けていったほうがいいです!
私も頬っぺたがカピカピになるくらい泣いちゃいました。

お話は最愛のお父さんを亡くした少年の喪失と再生の物語を善良に真っ正面から描いていて、本当にアメリカ映画らしい作品です。

特におじいちゃん(マックス・フォン・シドー)とオスカー少年の交流がとても心温まりました。
このおじいちゃんすごくユーモアもあって笑いどころなんですけど
客席があまりにシーンとしていて笑うのもはばかられる感じで苦しかったです・・・

映画には少年とおじいちゃんの関わりを描いている物がけっこうありますね。
ニューシネマパラダイス」「僕のピアノコンチェルト」などなど・・・
このオスカー少年も亡くなったお父さんと同じ癖を持っているおじいちゃんにすごく癒されます。
老人の子供に対する無償の愛っていうか、親とはまた違った愛情の注ぎ方があるんですね。
おじいちゃんやおばあちゃんがこれから未来を生きて行く子供に果たす役割ってやっぱりあるのかな〜って思いました。

アメリカ映画らしく終わりかたも明日への希望があって安心できます^^

e0200405_23242731.jpg
e0200405_23241627.jpg

[PR]



by kinosan_kimono | 2012-02-24 23:27 | 映画・DVD | Comments(0)

Wing!

タップダンスには色々なステップがあります。
そんな色々なステップを組み合わせて踊るのですが
靴の裏にチップが付いているのですから、足踏みすればとりあえず音は出るわけです。

シャッフル」というステップなどは、なんとなく足を前後に振っていれば
きれいな音は出なくても、一応鳴らす事はできます。

でもステップの中には「出来る」と「出来ない」がとてもはっきりしているものがあります。

プルバック」や「ウイング」と呼ばれるものがそれで、見よう見まねではまったく鳴りません。

この「ウイング」が私はものすご~く苦手で、今まで一度もできたことがありませんでした。

今年はじめてのダンスのレッスンの時に、今年の目標を一人ずつ発表(!)するのですが、その時に「”ウイング”が出来る様になりたい・・・」と言ってしまった私。

その日以来、毎回「ウイング」の練習が始まってしまいました。
もちろん一緒にレッスンしている皆も私の目標に付き合わされ、
毎回、ウイング、ウイング!

でもみんな結構上手なんです・・(汗)
特に子供はすごいっ!!
体が軽いせいかピョンピョンと軽くこなしてしまうのです・・
始め出来なかった人もなんとか鳴らせる様になってきて
出来ない私はますます焦るばかり・・・
「これって一生できないんじゃないの~??」って
思っていた2月の20日!!!
突然、神様が降臨!!
ついに私の足が翼(wing)になりました。

本当にこんなに嬉しかったことも久しぶりです。
いくつになっても出来なかった事が出来る様になるって感動です。
それが、たとえどんなに些細な事でも・・・・

毎回、私の目標に付き合ってくれたスタジオのみんな
本当にありがとう!

そしてTAKAさん、懲りずに毎回教えてくれてありがとう!!


出来る人がやると簡単そうに見えるんですけどね~





いつかここまで行くでしょうか??
[PR]



by kinosan_kimono | 2012-02-21 20:41 | ダンス | Comments(2)

寄席

お友達に誘われ久しぶりに寄席に行ってきました。
場所は「浅草演芸ホール」2月中席は落語協会の噺家さん。

落語を聞きに行くのも最近では独演会やホール落語ばかりで
寄席は本当に久しぶりでした。
若い頃はすごく落語が好きで「末広」などに行きましたが
途中、中だるみが多くその割に木戸銭が高いので
好きな落語家さんだけを独演会などに聞きに行く様になってしまいました。

今回久しぶりに寄席に行って本当に楽しくて満喫しました。
浅草という土地柄もあるのですが、ホールの後ろから入ると客席にズラッとおじさんのハゲ頭がならんでいる・・という昔懐かしい感じで感激。
このところの落語ブームで人気落語家さんの独演会は若い人達で華やかですが
昔は落語なんておじさんやおじいさんがダラ〜っと見ているものでしたよね〜

そして好きな時に来て、なんとなく帰って行くという様な
落語に対する姿勢がなんかダラっとしていた記憶があるのですが・・・

そんな昔の雰囲気を残す浅草演芸ホールの懐かしさにハマりました。

そして噺家さん達の出来がとても良くて、特に語り口が独特の柳家はん治さんと
玉三郎を思わせるお公家さん顔の古今亭菊之丞さんがすごく良かったです。

トリの柳家さん喬さんの「按摩の炬燵」を聞いて外に出ると、降っていた雪もあがりなんかよくわからないけど、気分は磯野波平さんの様な穏やかなオジィさんになった気分でした。

e0200405_23114733.jpg

                浅草演芸ホール
[PR]



by kinosan_kimono | 2012-02-19 23:14 | おでかけ | Comments(0)

ブロークバック・マウンテン(Brokeback Mountain)を再び観る。

Gustavo Santaolalla(グスターボ・サンタオラヤ)はアルゼンチン出身のミュージシャン。
独特の切ないメロディーがいろいろな映画音楽として使われています。
中でも「ブロークバック・マウンテン」と「バベル」ではアカデミー作曲賞を受賞しています。

そんなサンタオラヤの曲が聴きたくなって「ブロークバック・マウンテン」を観ました。



***1963年、ワイオミング州のブロークバック・マウンテンに季節労働者としてやってきた20歳の青年イニスヒース・レジャー)とジャックジェイク・ギレンホール)。
二人は共に仕事をしているうち、一線を超えてしまう。
労働を終えた二人は帰郷し、結婚し、子供もできるが4年後再会し再びお互いの愛を確かめ合う。
20年間の二人の愛と葛藤を描いた2005年のアメリカ映画。***



この映画は同性愛を題材にしてはいますが、普遍的な愛を描いた素晴らしい作品です。特に今は亡きヒース・レジャーの演技が本当に素晴らしくて、無口でありながら愛情深く、時に感情を爆発させるところなど、どうしたらこんな演技ができるのか・・役者さんてすごい!と感心してしまいます。
特に少しのメークだけで20年間を演じきっていることにも驚きます。

事故で亡くなってしまったジャックが、20年前にイニスが着ていたシャツに自分のシャツを重ね大切にしまっていたことを知って涙するシーンは本当にこちらまで胸が一杯になってしまいます。

サンタオラヤの切ないメロディーは映画のさまざまなシーンを思い出すだけでなく、ヒース・レジャーの役者としての葛藤にまで思い及んで悲しくなってしまいました。

28才という若さで亡くなってしまったヒース・レジャー・・本当に残念です。

私はきっとこれから何度もこの映画を見るでしょう・・


[PR]



by kinosan_kimono | 2012-02-17 13:34 | 映画・DVD | Comments(0)

帯でバッグ

新しいデザインのバッグを作ってみました。

ボトムの部分は松の柄を織り出した古い丸帯です。
上部や持ち手は革を使ってみました。

大きくて沢山入るので何でも放り込んで
お出かけできそうなバックです。

e0200405_20515171.jpg
e0200405_20521434.jpg

[PR]



by kinosan_kimono | 2012-02-15 20:53 | 着物リメイク | Comments(2)

「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」

公開を楽しみにしていた「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」を観てきました。


あらすじは・・   
経済ジャーナリストのミカエルダニエル・クレイグ)は、資産家のヘンリックから40年前に起こった孫娘ハリエットの失踪事件の真相追究を依頼される。ミカエルは、背中にドラゴンのタトゥーをした天才ハッカーのリスベットルーニー・マーラー)とともに捜査を進め資産家一族に隠された闇に迫っていく。
・・というお話。


スウェーデンのスティーグ・ラーソンの世界的ベストセラー「ミレニアム」をデビッド・フィンチャー監督が再映画化したミステリーサスペンス。

大好きなフィンチャー監督の作品。冒頭からレッド・ツェッペリン「移民の歌」のメロディーが何か不安な感じでドキドキする。本当にフィンチャー監督はこういうところがすごく上手い。

もう全編フィンチャー色。本当に恐ろしいです。

ルーニー・マーラー演じるリスベットなんてもう眉毛もないし、ピアスだらけだし
ガリガリだし、何かに追いつめられた様なこの人を見るだけでも恐ろしいわ〜

でも2時間30分を一気に見せる腕前はさすがです。

「セブン」や「ファイトクラブ」「ゾディアック」「ベンジャミンバトン」・・・
いつもフィンチャー作品にはノックアウトされっぱなしです。

ただ「ドラゴン・タトゥーの女」はグロいシーンがちょっと多すぎると思うのです。
ここまでやらなくてもいいんじゃないかな〜と今回ばかりは少し気になりました。
やり過ぎはかえって気持ちを削がれる感じで、たしかにセンセーショナルではあるけれどその境目はとても難しいところです。


[PR]



by kinosan_kimono | 2012-02-12 22:58 | 映画・DVD | Comments(2)

着物地

着物地には大きく分けて「染め」と「織り」があります。
織りの着物は先に糸を絣などに染めて織り上げるもの。
染めの着物は織り上げがった布に染めを施して完成させるものです。

染めの技法は本当にたくさんあって、友禅型染めロウケツ絞り・・・などなど
世界中の染色技術が集結していると思えるぐらい様々な技法があります。
そしてその一つ一つのクオリティーがものすごく高く
日本人のこだわりの凄さを感じます。

でもそんな技術も着物の衰退と共にどんどん失われていて
そのうちに美術館でしか見られなくなってしまうかもしれません。

昔の小説や落語の中には着ている着物からその女性の人となりがわかるような表現もありますが、そんな共通認識もすでに失われてしまったのかもしれません。


今週は総鹿の子絞りのハギレがからブラウスを作ってみました。
一つ一つを手で絞っていく作業は本当に気が遠くなりますが
この凹凸感は手絞りならでは。
パンツは一越縮緬の喪服からです。
e0200405_21262559.jpg

e0200405_21264411.jpg

e0200405_2127556.jpg

[PR]



by kinosan_kimono | 2012-02-05 21:35 | 着物リメイク | Comments(0)

DEATH CAB FOR CUTIE

グラミー賞つながりで・・・

アメリカ出身のバンド「Death Cab for Cutie(デス・キャブ・フォー・キューティー)」のアルバム「 Codes & Keys」が「Best Alternative Music Album」にノミネートされています。

私もこのアルバムは良く聴いています。
メロディー作りがとても上手でリード・シンガーのベン・ギバートの声も素敵です。

そんなベンの記事を読んでいたら、自身のアルコール依存のことが書いてあって
そんな自分に嫌気がさしてアルコールから抜け出し健康を取り戻したということです。

とにかくアルコールやドラッグ依存のミュージシャンが後を断たないのは
どうしてなのでしょうか??
昨年亡くなったエイミー・ワインハウス、ジム・モリソン、ジャニス・ジョプリン、シド・ヴィシャス、カート・コバーンなどなど挙げればきりがない感じです。

ベン・ギバートは
「ミュージシャンでいると、アルコールとドラッグはあまりにも身近なもんなんだ。周りを見渡して他にもっと酷い状態の奴はいっぱいいるもんだから'あいつよかオレの方がマシだな'なんてすぐ思ってしまう。音楽業界ほど、下を見て安心できる世界はないよ。べろべろになってステージから落っこちてる奴を見て、'あいつよりましだな'って思っちゃうんだ」

なんて事も言っています。
なんかすごくリアリティーがありますね・・

そんな発言とは似つかわしくないデスキャブの「Stay Young, Go Dancing」。
優しさ溢れる一曲です。


[PR]



by kinosan_kimono | 2012-02-04 00:04 | 音楽 | Comments(0)

日々の暮らしや大好きな着物のことを書いています。
by kinosan_kimono
プロフィールを見る
画像一覧

フォロー中のブログ

最新のコメント

> Keiさん そうな..
by kinosan_kimono at 22:30
えーっ⁉️そーだったの⁉..
by Kei at 20:53
> りかさん そうなん..
by kinosan_kimono at 07:12
ご無沙汰してます!久しぶ..
by りか at 03:03
▫️Keiへ・・ そう..
by kinosan_kimono at 07:15
えーーーーっ!!!! ..
by Kei at 14:11
ムキムキおじいさんかぁ。..
by りか at 03:20
▪️りかちゃんへ・・ ..
by kinosan_kimono at 23:29
久々おじゃまします!筋肉..
by りか at 18:34
おーつ様。 faceb..
by kinosan_kimono at 00:51

最新のトラックバック

venuscozy.co..
from venuscozy.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
2015年版若手男性、池..
from dezire_photo &..
初めて見た
from Anything Story
次回の映画は?
from Anything Story
凄い記録
from Anything Story

検索

ブログパーツ

最新の記事

ゴールデングローブ賞のケイシ..
at 2017-01-15 11:15
2017年になりました。
at 2017-01-02 21:56
着物のお直し
at 2016-12-23 19:51
今戸焼
at 2016-12-18 00:42
ビンテージハウスで楽しむスタ..
at 2016-12-15 20:56

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧