KINOさんのときどき着物日記

<   2012年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧




もうひとりの息子 (Le fils de l'Autre)

10月28日アジアで最大規模の映画祭、東京国際映画祭が閉幕しました。
9日間の会期中約100本の映画が上映され、そのほとんどがこれ以降日本では二度と見られない可能性もあり、たくさんの映画ファンが来場しました。
私も何本か見たいものもあったのですが、なかなか予定があわず残念でした。
なんとか最終日の最終回、直前に決定する最高賞「サクラグランプリ」受賞作品上映だけは見る事ができました。

受賞作品はフランス映画の「もうひとりの息子」。
内容は**兵役のための検査で、生まれたときにパレスチナ人と取り違えられていたことを知ったイスラエル人の青年が、葛藤しながらも希望の光を見いだして行く過程を民族問題を盛り込みながら描いた作品です。

二人の青年の苦しみは言うまでもありませんが
自分の息子と信じて育てて来た両親もまた大きな苦しみを味わう事になります。
両方の両親がはじめて顔を会わせることになった場面で、父親はその状況に耐えられず怒りをあらわにして出て行くのに対して、母親はお互いに言葉を交わし、心が通じ合います。
上映前の舞台挨拶の時に女性監督のロレーヌ・レビが「この作品は母親に対するオマージュでもあります・・・」と言っていました。
たとえ境遇が違っても母親の子供に対する深い愛情は万国共通。
だからこそ相手の苦しみも理解することができるものです。
こんな所にも女性監督ならではの視点があって共感しました。

今、大ヒット中の映画「最強のふたり」は昨年の「サクラグランプリ」受賞作品で、二年続けてフランス映画が選ばれました。
「最強のふたり」に比べると地味な作品なので、大ヒットはちょっと難しそうですが、なかなか良い映画でした。

そう言えば主人公の青年を演じたジュール・シュトリクはなんと「ぼくセザール」という映画でセザールを演じたあのかわいい男の子でした。
大きくなりましたなぁ~~~
e0200405_0355051.jpg

[PR]



by kinosan_kimono | 2012-10-30 00:42 | 映画・DVD | Comments(0)

クリスマス用に・・

この前まで暑かったと思ったら、街にはもう来年のカレンダーやおせち料理の予約のチラシが置いてあって季節の移り変わりになんだか取り残されそうです。

私は相変わらずバッグ作りを続けています。
今はクリスマスプレゼント用の小さなクラッチバッグや手頃な価格のストールなどを
作っています。

バッグは防犯対策のためしっかり閉まる事と
バールなどでの立ち飲みが多いので腕にかけるハンドルが必須。
イタリアのお国柄ですね!
e0200405_1423593.jpg

[PR]



by kinosan_kimono | 2012-10-26 14:24 | 着物リメイク | Comments(0)

IMDb

IMDb(Internet Movie Database)は映画やテレビ番組に関する最強のオンラインデータベース。(click!)
現在はアマゾンの傘下に入っていて、映画に関する様々な情報が網羅されています。
このIMDbが歴代映画ベスト250を発表しているんですが
ベスト10は以下の様になっています。


1.  9.2点 ショーシャンクの空に(1994)

2.  9.2点 ゴッドファーザー (1972)

3.  9.0点 ゴッドファーザー Part II (1974)

4.  8.9点 パルプフィクション(1994)

5.  8.9点 続・夕日のガンマン(1966)

6.  8.9点 12人の怒れる男(1957)

7.  8.9点 シンドラーのリスト (1993)

8.  8.9点 ダーク・ナイト (2008)

9.  8.8点 ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還 (2003)

10.  8.8点 ファイトクラブ(1999)


う〜ん、そうか〜・・それにしても「ゴッドファーザー」は本当に人気がありますね。「パルプフィクション」は私も大好きですが、長い映画の歴史の中でのベスト4というのはちょっと意外でした。
そして「ダーク・ナイト」や「ファイトクラブ」がランクインしているのは嬉しいです。
そういえば「12人の怒れる男」は最近になって見たのですがこれは本当によく出来た映画でした。
まるで舞台劇の様に密室でのやり取りだけですごく緊張感のある映画に仕上げていて、今みても全然古くないしこれがランクインしているのは納得できます。
こんなふうに250位まで見ていくといちいち一言言いたくなっちゃって、
うるさいったらないですね。
暇つぶしにももってこいなIMDbです。

e0200405_0191168.jpg

「12人の怒れる男」
[PR]



by kinosan_kimono | 2012-10-25 00:24 | 映画・DVD | Comments(0)

ジュディー・ガーランド 「虹の彼方に」

日本では衆院解散・総選挙が話題ですが、アメリカでは大統領選挙の話題が盛り上がっています。
オバマ大統領は再選されるのでしょうか・・
オバマ大統領は同性結婚を支持する考えを明確にしています。
どうなっていくのかとても感心をもっています。

ところで同性愛といえばゲイパレードなどで虹色の旗がシンボルになっています。今まで私はこの意味を漠然と 色々な生き方を象徴しているもの と思っていたのですが
実はこれはジュディー・ガーランドのヒット曲「Over the rainbow虹の彼方に)」から来ているそうです。
ライザ・ミネリのお母さんのジュディー・ガーランドは1969年に死んでしまったので今ではあまり目にする事もありませんが、彼女自身もバイセクシャルだったこともあり、同性愛に対する風当たりが厳しかった当時、同性愛者に対して理解を示していた数少ない有名人だったのです。
虹色の旗はそこから来ているんですね。

でも、ジュディー・ガーランドの人生って本当に凄まじいものでした。
素晴らしい演技力と歌の才能を持って生まれ、子供時代から活躍していたジュディーですが肥満気味だったためなんと13才の頃にMGMからダイエット薬として覚せい剤を勧められ、常用する様になってしまいます。当時はまだ覚せい剤の害が充分わかっていなかったとはいえ子供に飲ませるとはあまりにもひどい。
オズの魔法使い」で大ブレイクした後は覚せい剤に加えて不眠症のため睡眠薬も服用する様になり、そのため後年は精神症と薬物中毒で仕事もままならなくなり入退院や自殺未遂を繰り返します。そして心身ともに疲れ果てた彼女は睡眠薬の過剰摂取で47才の若さで亡くなってしまうのです。

ジュディー・ガーランドの姿はYouTubeなどで見る事ができます。彼女の圧倒的な歌唱力には本当に驚かされます。中でもジュディーがホームレスに扮して歌う「虹の彼方に」の映像は彼女の痛みがこちらにも突き刺さってくる様で涙なしには見られません。たくさんの辛い思いをして来たこの人だからこそこんな風に歌えるんだな~といつも胸が一杯になってしまいます。


[PR]



by kinosan_kimono | 2012-10-22 00:48 | 音楽 | Comments(0)

辻村寿三郎人形展

辻村寿三郎さんの人形展「平家物語縁起 清盛、その絆と夢」を見に行きました。
今回の展覧会は「平家物語」を題材に創り上げた人形を中心に約140体が展示されていて、平清盛の誕生から平家滅亡まで歴史に登場する人物を独特の解釈で再現しています。
ジュサブローさんの人形は美しいというよりもっと強烈な個性があり、79才になった今も妖艶さと強さを全面に出した人形を作り続けています。

私はジュサブローさんの人形の衣装の布使いがとても好きです。そして男人形が素晴らしく今回もすごく惹きつけられました。

e0200405_21234084.jpg

[PR]



by kinosan_kimono | 2012-10-19 21:28 | おでかけ | Comments(0)

トニー・スコット監督とトゥルー・ロマンス(True Romance)

8月、突然トニー・スコット監督が自殺してしまいました。
原因はいまだわかりませんが68才になって自ら命を断つなんて
何か苦しいことがあったのでしょうか。

トニー監督は「トップガン」や「アンストッパブル」など娯楽作品が得意な監督でした。
私はトニー監督の「トゥルー・ロマンス」が好きです。
これは1993年の作品で今からもう20年も前の映画です。
脚本はクエンティン・タランティーノが書いていて、
彼らしい面白い脚本をトニー・スコットが上手に撮っています。

この作品はタランティーノ脚本なので途中目を覆いたくなる様な苦手なバイオレンスシーンもあるのですが作品としてすごく面白いし
主役のクリスチャン・スレーターパトリシア・アークエットが良かっただけじゃなく、ゲイリー・オールドマンがポン引きの役でロンゲで出演していたり
ブラッド・ピットがソファーから起き上がれない様なヤク中の役でほんの数分出演していたり、クリストファー・ウォーケンデニス・ホッパーもチョイ役で登場し、
それぞれがさすが!という演技を披露しています。
みんなが面白がってこのチョイ役を演じているのが伝わって来てとても楽しめます。

始めて見た時、何か結末が唐突な感じがしたのですが、あとで何かで読んだ所によるとタランティーノの脚本は主人公のカップルも銃撃戦で最後は死んでしまうことになっていたところを監督が反対を押し切って最後二人を生かし
ハッピーエンドで締めくくったそうです。
それで何だか少し違和感を感じたのかもしれませんが、トニー監督の優しさが伝わって来る様なエピソードです。
トレードマークのキャップの下の穏やかな笑顔が素敵だったトニー・スコット監督。
楽しい映画をありがとう!!
e0200405_8511737.jpg


**************************************
[PR]



by kinosan_kimono | 2012-10-14 08:56 | 映画・DVD | Comments(0)

ブラピの話題・・・

インタビューマガジン」に久しぶりにブラッド・ピットが登場。
美しい写真とガイ・リッチー監督とのトークが掲載されました。
カンヌ映画祭の時は随分ふっくらとした印象でしたが
今回はだいぶ体重を絞ったみたいですね。

e0200405_22131446.jpg


それからシャネルの香水「No.5」初の男性広告塔として注目のCM がいよいよ今月公開されるそうです。なんと出演料約5億円!!
なんだかね〜〜と思いながらもついつい見ちゃう私です。

**************************************
[PR]



by kinosan_kimono | 2012-10-12 22:17 | Comments(0)

「野口琢郎」展

知り合いの画家「野口琢郎」さんの個展に行って来ました。
野口さんは京都西陣の老舗の箔屋さんの息子さんで、その引箔技法を応用しとても美しい作品を生み出しています。
その作品はモダンで抽象的な作品ですが、どこか日本的な陰影を感じる彼ならではの独特な作品で、私はとても好きです。
我が家にもいつかこんな作品を飾ってみたいと思っています。
自己主張しすぎず、それでいてその空間を一気に広げてくれる様な素敵な作品です。
その上琢郎さん本人も魅力的なイケメンですので・・・

場所は青山「ときの忘れもの」で、会期は13日(土)まで。(click!)

e0200405_10291082.jpg

              オープニング風景
[PR]



by kinosan_kimono | 2012-10-09 10:31 | おでかけ | Comments(0)

映画「ルーパー」(Looper)

アメリカで公開されたばかりの映画「ルーパー」が話題です。
今年ナンバーワンともいわれているこの映画、主演はブルース・ウィリスジョセフ・ゴードン・レヴィット!!
ジョセフの30年後の姿がブルースで、タイムスリップして過去に舞い戻ってきた30年後の自分を自分の手で殺さなければならないというややこしい設定で、ジョセフがメークで鼻をブルースに似せているそうです(笑)
トレイラーを見てもすごく面白そうで、早く観たいですが日本公開は来年までおあずけだそうです・・



ジョセフ・ゴードン・レヴィットはとても好きな俳優さんです。
風貌は草食系でそんな役が多かったのですが、今ではアクションまでこなせる
ものすごくいい役者さんになりました。
ただ彼は私が大好きだった故ヒース・レジャーにそっくりなんです。
年もほとんど同じぐらいで、若い頃は一緒に映画に出ていた事もあります。
ですからジョセフが活躍すればするほど、ヒースが生きていたらな〜・・・
と思ってますます私は悲しくなってしまいます。

e0200405_16303382.jpg
e0200405_16321148.jpg

     上がヒース・レジャー、下がジョセフ・ゴードン・レヴィット
     優しそうなところがそっくりです。
[PR]



by kinosan_kimono | 2012-10-04 16:37 | 映画・DVD | Comments(0)

草間弥生とジョセフ・コーネル

先日、NHKスペシャル「水玉の女王 草間弥生の全力疾走」という番組を見ました。
草間弥生は水玉をモチーフにした独特な作風で知られるアーティストです。
なんと1929年生まれの83才
そんな草間弥生の生活に密着したこの番組はルイ・ヴィトンとのコラボレーションやロンドンのテート・モダンでのエキジビションなどを挟みながら創作現場を取材しています。
彼女の作品の好き嫌いはともかくとして,
83才になった今でも創作意欲は衰えないし、
なにより一番になりたい!という上昇志向はものすごい。
でも子供の頃から強迫神経症に悩まされていて、それは彼女の作風にも大きく影響しています。
現在では神経科の病棟に入院しながら昼間はアトリエに通って作品を書き続けるという生活を送っていて、
彼女のものすごい上昇志向と反比例するような精神的な落ち込みを見ていると
彼女の人生そのものが大変な戦いなのだということを改めて感じました。

さて草間弥生と聞くと私はアーティストのジョセフ・コーネル(Joseph Cornell 1903-1972)を思い出します。
草間弥生とジョセフ・コーネルは一時期とても親しい関係にありました。

私は草間弥生よりこのジョセフ・コーネルの作品のほうが好きです。
彼の作品は「コーネルの箱」として知られています。
それは小さな箱の中に、雑貨屋や古本屋で購入した画集、映画雑誌やブロマイド、レコード、天体図、模造のパイプ、コルクのボール、真鍮の輪、古切手や外国の地図、海岸で拾ってきた貝殻やヒトデ、流木のかけらなどを収め、「箱」という小さな空間に素晴らしい詩の様な世界を表現しています。
彼はこれらの作品を生涯に約八〇〇点以上制作したといわれています。

コーネルは裕福な家庭に生まれながら、少年期に父を失い、以後は自身と、母、そして障害を持つ弟の生活を支え、ヨーロッパに憧れを抱きながら、生涯ヨーロッパはおろか、ほとんどニューヨークを離れることはなかったそうです。
彼の「箱」は とても小さいですが、広い世界を感じさせる不思議な作品です

e0200405_20325086.jpg


**************************************
[PR]



by kinosan_kimono | 2012-10-02 20:36 | Comments(0)

日々の暮らしや大好きな着物のことを書いています。
by kinosan_kimono
プロフィールを見る
画像一覧

フォロー中のブログ

最新のコメント

> Keiさん そうな..
by kinosan_kimono at 22:30
えーっ⁉️そーだったの⁉..
by Kei at 20:53
> りかさん そうなん..
by kinosan_kimono at 07:12
ご無沙汰してます!久しぶ..
by りか at 03:03
▫️Keiへ・・ そう..
by kinosan_kimono at 07:15
えーーーーっ!!!! ..
by Kei at 14:11
ムキムキおじいさんかぁ。..
by りか at 03:20
▪️りかちゃんへ・・ ..
by kinosan_kimono at 23:29
久々おじゃまします!筋肉..
by りか at 18:34
おーつ様。 faceb..
by kinosan_kimono at 00:51

最新のトラックバック

venuscozy.co..
from venuscozy.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
2015年版若手男性、池..
from dezire_photo &..
初めて見た
from Anything Story
次回の映画は?
from Anything Story
凄い記録
from Anything Story

検索

ブログパーツ

最新の記事

ゴールデングローブ賞のケイシ..
at 2017-01-15 11:15
2017年になりました。
at 2017-01-02 21:56
着物のお直し
at 2016-12-23 19:51
今戸焼
at 2016-12-18 00:42
ビンテージハウスで楽しむスタ..
at 2016-12-15 20:56

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧