KINOさんのときどき着物日記

<   2014年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧




エヴァの告白(The Immigrant )

「エヴァの告白」を見ました。

この映画は1920年頃、混乱する母国ポーランドを逃れ
アメリカ合衆国に移民としてやってきた姉妹が、数々の困難を乗り越えながら
たくましく生き抜いていく姿を描いた作品です。

主演のマリオン・コティヤールは米映画サイトが選ぶ2013年度
世界でもっとも美しい顔100人」の1位に選ばれた美女。
ジェームズ・グレイ監督が彼女の美しさ心打たれ、彼女を想定して描いたという脚本だけあって悲しい顔が美しいマリオン・コティヤールを最大限に生かしています。

お話の内容はとても暗く重たい・・・
これがこの頃の移民の現実なのかもしれないけれど
あまりにつらい事の繰り返しでどうしようもない気持ちになります。
もう少し心温まるシーンやユーモアを織り込んでも良かったんじゃないかしら・・・

主演のマリオン・コティヤールもいいですが、助演のフォアキン・フェニックスジェレミー・レナーもとても良かったです。
特に復帰以来、引っ張りだこのホアキン・フェニックスは、
演技力抜群で素晴らしいです。
どこかただならない感じは、この人の一風変わった生い立ちや経験からくるものなのかしら・・

マリオンがインタビューの中でホアキン・フェニックスについて
ホアキンと働けたのはラッキーだった。彼は特別な人、特別な俳優よ。もちろん素晴らしい俳優だけど、彼が特別なのはとても創意に富んでいる反面、直感的でもあることよ。ごくわずかな人にしかない直感なの。それなのに、とても低く自己評価する人で苦しんでもいるの。その直感は、あまりにも混じり気がなくて、人間というより動物みたい。同じ空気を吸えたことさえ、光栄なくらいだわ。」と言っていました。
彼の事を上手く表していて、すごく良くわかるな〜と思いました。

e0200405_19531590.jpg


**************************************
[PR]



by kinosan_kimono | 2014-02-28 19:57 | 映画・DVD | Comments(0)

アメリカン・ハッスル(American Hustle)

アカデミー賞ノミネート作品「アメリカン・ハッスル」を見ました。
これは1979年、実際に起こったFBIのオトリ捜査をもとに作られた映画。
天才詐欺師のアーヴィンクリスチャン・ベイル)と、相棒で愛人のシドニーエイミー・アダムス)は金融詐欺を繰り返し、そこそこの成功を納めている。
ある金融詐欺の現場で、シドニーが逮捕されFBI捜査官リッチーブラッドリー・クーパー)に、無罪放免の代わりに詐欺師仲間の摘発に協力するという司法取引を持ちかけられる。
そんなオトリ捜査の標的は詐欺師からついには大物政治家のカーマインジェレミー・レナー)にまで及ぶ。
詐欺師コンビと功名心ギラギラのFBI捜査官、そこに奔放なアーヴィンの妻ロザリンジェニファー・ローレンス)がからみ、意外な結末へ・・・

この映画、かなり面白かったです!
まず、登場するクリスチャン・ベールにビックリ!
でっぷりとしたお腹、薄くなった髪・・とてもバットマンとは思えない変身ぶり。
でもなぜかだんだんと魅力的に見えてくるのが不思議です。
脇役のブラッドリー・クーパージェニファー・ローレンスデヴィッド・O・ラッセル監督のお気に入りで、前作の「世界に一つのプレイブック」でもすごくいい味をだしていたけれど、今回も本当に面白い。
特に、すごくイケメンなんだけどイマイチ売りどころがはっきりしなかったブラッドリー・クーパーは前作同様、一生懸命なんだけど、どこか世の中からズレているような味のある役を与えられて一気に名脇役になった感じです。

途中、ロバート・デ・ニーロがギャングの大物としてちょこっと顔を出しますが、これもチョイ役ながら存在感いっぱい。彼がアラブ語でニセ富豪を問いつめるシーンはハラハラです。

それにしても1970年代後半といえば、私にとってもかなり懐かしい時代なんですけど、こんなギラギラのファッションだったかな〜と、改めて当時の節操のない時代を振り返りました。

脚本が良くて、役者が上手くて、その上笑わせてくれる、これこそ娯楽映画の王道だと思います♪
オススメです!
e0200405_23381765.jpg


**************************************
[PR]



by kinosan_kimono | 2014-02-25 23:45 | 映画・DVD | Comments(0)

IKEA

一年ぶりにIKEAに行ってきました。
平日にも関わらず、結構な人出。
特にレストランはほぼ満席で、ここにご飯だけを食べにくる人もいるらしいです。

今回は84歳の母親が「ぜひ一度IKEAなるものを見てみたい・・」という夢を叶えるために張り切って出かけました。
相変わらず洒落たインテリアが満載。思わず家中のものを全取り替えしたくなるぐらいです。

IKEAは、安いけどお洒落、安いけど安っぽくない・・を最大の武器にして世界中で大成功しています。
いつもあまりに安い値札につられてついつい無駄なものを買い込んでしまうことになります。

母にいたっては造花とぬいぐるみという、信じられないような無駄なお買い物をしていましたが、まさにIKEAマジックかもしれません・・ 笑

ここに来ると適正価格がいったいどれぐらいなのかわからなくなるし、
いったいどんな人がどんな悪条件でこれらを作っているのだろうか・・・?と心配にもなります。

まあそれは置いといて・・色々な場面で大喜びしていた母が可愛かったです!
そんな私のお買い物・・ブリキのじょうろ(680円)と木綿のラグ(290円)など。
e0200405_1353298.jpg


ラグはすでにトートバッグに変身しました。
e0200405_13533984.jpg


**************************************
[PR]



by kinosan_kimono | 2014-02-21 13:57 | おでかけ | Comments(0)

Tumblr.

2月17日

今更かもしれないけど、最近はまっているのがTumblr.
Tumblrはアメリカ発の「メディアミックスウェブログ」サービス。
素敵な画像や創作のヒントになりそうな画像をシェアできるオンラインのスクラップブックです。
Tumblr上に自分のブログを作る事もできますが、私はもっぱらお気に入りのブログをフォローして素敵な写真の数々に刺激を受けています。
Tumblrを見ていて思うのだけど、世の中には自分と同じ感覚を共有している人がけっこういるんですね。そんな人のスクラップを覗くと自分と同じ”好き”が詰まっていて嬉しくなります。
そしてそんな写真の数々を見るとまた新たな創作意欲をかき立てられます。

スティーブ・ジョブスの名言に
人は形にして見せてもらうまで,自分は何が欲しいのかわからないものだ” というものがあります。
これは私がものすごく共感した言葉の一つです。
無から何かを生み出せる天才は別として、多くの人は何かを見る事によって自分の求めているものが明確化するのではないでしょうか。

Tumblrも日々私にそんな刺激を与えてくれています。

**************************************
[PR]



by kinosan_kimono | 2014-02-17 23:51 | Comments(0)

春を待っています

2月11日

寒い日が続いています。
毎日どこにも出かけたくない気分。

毎年この季節になると冬のコートにも飽きて
でも、コートなしじゃ出かけられないし
今更新しいコートを買う気にもならず・・・・

早く春にならないかな〜〜

e0200405_20343029.jpg


**************************************
[PR]



by kinosan_kimono | 2014-02-11 20:35 | Comments(0)

ローザンヌ国際バレエコンクール

若手バレーダンサーの登竜門ローザンヌ国際バレエコンクールで長野県松本市の高校2年生二山治雄さん(17)が優勝しました。

バレエといえばあの衣装とメークで男の子には敬遠されがちですが
強靭な肉体と表現力を求められる究極のアートです。
私もそんなダンスファンの一人です。
日本人は体型からかなりのハンディッキャップがありますが
頑張っている姿には、拍手を送りたいです。
仁山さんは体がすご〜く柔らかいので、上品でソフトな踊りでいいですね。
コンテンポラリーのほうもいい感じでした。



**************************************
[PR]



by kinosan_kimono | 2014-02-05 23:09 | ダンス | Comments(0)

フィリップ・シーモア・ホフマン

2月3日

俳優のフィリップ・シーモア・ホフマンが亡くなりました。
残念・・・

e0200405_0163349.png


**************************************
[PR]



by kinosan_kimono | 2014-02-04 00:20 | Comments(0)

アンディー・ウォーホル展

六本木の森美術館で開催中の「アンディー・ウォーホル展」に行ってきました。
森美術館の10周年記念ということで、かなり大掛かりな回顧展です。
もう10周年なんですね〜・・
六本木という場所はこのところほとんど行かなくなりました。
私の中では六本木=防衛庁=アマンド=不良外人という30年前の図式が定着したままです。

アンディー・ウォーホルの作品はとても楽しい。
センスが良く、色使いに長けている。
ピッツバーグにあるウォーホル美術館から大量の作品や私物が来日(?)していて、なんだか人の引き出しまで覗き見ている感じがしてしまいました。
内覧会だったからかもしれませんが、スタッフがウォーホルに似せた金髪のカツラと眼鏡という出で立ちで、面白かった。

時代の雰囲気をとらえた彼の作品は、思っていた以上に素晴らしかったです。

e0200405_9592367.jpg

カタログの一部を夫が翻訳しています。紙も良くていいカタログになっています。

**************************************
[PR]



by kinosan_kimono | 2014-02-02 10:04 | Comments(0)

日々の暮らしや大好きな着物のことを書いています。
by kinosan_kimono
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
プロフィール
着物
おでかけ
家族

田舎暮らしの思い出
スポーツ
映画・DVD
ダンス
音楽
着物リメイク
サイクルロードレース
相撲

未分類

フォロー中のブログ

最新のコメント

> Keiさん そうな..
by kinosan_kimono at 22:30
えーっ⁉️そーだったの⁉..
by Kei at 20:53
> りかさん そうなん..
by kinosan_kimono at 07:12
ご無沙汰してます!久しぶ..
by りか at 03:03
▫️Keiへ・・ そう..
by kinosan_kimono at 07:15
えーーーーっ!!!! ..
by Kei at 14:11
ムキムキおじいさんかぁ。..
by りか at 03:20
▪️りかちゃんへ・・ ..
by kinosan_kimono at 23:29
久々おじゃまします!筋肉..
by りか at 18:34
おーつ様。 faceb..
by kinosan_kimono at 00:51

最新のトラックバック

venuscozy.co..
from venuscozy.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
2015年版若手男性、池..
from dezire_photo &..
初めて見た
from Anything Story
次回の映画は?
from Anything Story
凄い記録
from Anything Story

検索

ブログパーツ

最新の記事

ゴールデングローブ賞のケイシ..
at 2017-01-15 11:15
2017年になりました。
at 2017-01-02 21:56
着物のお直し
at 2016-12-23 19:51
今戸焼
at 2016-12-18 00:42
ビンテージハウスで楽しむスタ..
at 2016-12-15 20:56

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧