KINOさんのときどき着物日記

<   2014年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧




バリ島

バリ島へ、初めて行って来ました。
今回の旅行は娘との二人旅で、
ビーチリゾートで何もせずひたすらのんびりするのが大好きな娘の
旅のスタイルを私も一緒に満喫するのが目的。

この年になって娘と一緒に日焼けなんていかがなものか・・?と思っていましたが
行ってしまえばシミのことはすっかり忘れて、プールサイドでお酒を飲みながら
そよそよと風に吹かれ 本を読んだりウトウトしたり
ついでにスパで体をモミモミ、スリスリしてもらったり、、そんな極楽な旅を楽しみました。

聞いたところによると、今バリ島で一番多いのがオーストラリア人観光客。
地図で見るととても近くて、飛行機で4〜5時間で着いてしまうそうです。
次が日本人。確かにどこをみても日本人だらけ。
そして近年ではどこでもそうですが、中国人がどんどん増えているらしい。
バリ島では電車やバスなどの公共交通機関がないので
観光客はタクシーを利用するしかないけど、
流しのタクシーにはちょっと不安もあるので
ホテルや旅行会社からのカーチャーターサービスを利用する人も多い。
そして時には現地の観光ガイドさんにお世話になることも・・
この観光ガイドさんがすごい。
私たちを飛行場からホテルまで連れて行ってくれたガイドさんはライさんという中年女性。ものすごく日本語が上手でよく喋り、大阪のおばちゃんみたいに元気な人。
どこでそんなに日本語を勉強したのか聞いてみたら
現地の語学学校で1年間勉強しただけで、外国には一度も行った事がないそうです。本当にビックリしました。
そして驚いた事にはライさんだけではなくて、ガイドさんはみんな英語、日本語、中国語などそれぞれ得意の分野がありとても上手。
もちろんレストランのウエイターさんも、ホテルのフロントでも彼らの外国語能力の高さにはおどろくばかりでした。

3日目にお願いした運転手さんは、42歳のおじさんで、片道1時間半かかる道のりを運転しながらずーっとバリなまりの英語で色々なことを話しかけてくる。
全然ひるまない彼を見ていると、こちらも楽しくなってどんどん英語で話したくなっちゃいました。
彼も高校で英語を習っただけで、もちろんバリを出た事はないそうです。
良い仕事に就こうと思ったら、言葉ができなければどうにもならない。
そんな必死さが上達のひけつなのかもしれないけれど、どこか呑気な彼らを見ていると 子供みたいな素直な性格も言葉を覚える上でプラスになるのかもしれないな〜と思ったりするのでした。

色々楽しいことがあった旅行でしたが、一番印象に残ったのは出会ったバリの人々のおおらかさ、そして日々英語と格闘している私に「日本にいたって英語なんてなんとかなる!」という嬉しい確信をもたらしてくれた事でした。
e0200405_203888.jpg


**************************************
[PR]



by kinosan_kimono | 2014-08-21 20:48 | | Comments(0)

革バッグ

使いかけの革が残っていたので、自分用のバッグを作りました。
デザインはレジ袋。
革のいいところは切りっぱなしOKで丈夫なこと。
マイナスは重いところ。
若い頃は気にならなかったけど、おばちゃんになるとバッグが重いのは辛い・・
裏を付けずになるべく軽くしました。
仕上げに水に浸け、ギュギュッと絞って自家製しわ加工。
楽しい一日でした。
e0200405_9301712.jpg


**************************************
[PR]



by kinosan_kimono | 2014-08-15 09:32 | Comments(0)

今週読んだ本

「小屋から家へ」中村好文

建築家・中村好文さんの手がける住宅はシンプルで外連味がなくて、とても素敵です。そんな中村サンは家の原型である小屋がとても好きだそうです。

この本の中に中村さんの共感する「男の子はみな樹上に家を持ち、女の子はみな人形の家を持つ。」というフィリップ・ジョンソンの言葉が紹介されています。
子供はみな秘密基地が大好き。
中村さんも6才の時に母親のミシンの下のスペースを囲い 自分だけの居場所を作った経験があり、それが彼の建築家としての処女作だと言っています。

そういえば息子も田舎暮らしをしていた子供の頃は、よく庭のテーブルの下を囲って色々なものを持ち込み、自分の家を作っていました。
営巣本能という言葉もあるように、自分の安全な居場所を作るのは万人に共通の作業で、私もこの本を読んで、子供の頃の 狭い所に入り込むあの幸せな感覚が蘇ってきました。

この本には、彼が魅せられ訪れた「鴨長明の方丈」や「ル・コルビュジエの休暇小屋」など意中の7つの小屋についてのエッセイや自身の設計による小屋と家、そしてミナペルホネンの皆川さんとの対談がおさめられています。

この本の中には中村さんの作った素敵な家の写真がたくさん掲載されていて
とても綺麗です。でも見ているうちになぜかだんだんと退屈になってきてしまいました。
たとえばお友達の素敵すぎる家を訪問して帰ってくると、なんだか自分の回りがすごく煤けて見える事ってありませんか??
ちょうどそれと同じ感覚で、あまりにも縁がなさすぎると 羨ましい・・を通り越してなんだかつまらなくなってくるものです。人間が小さくてスミマセン・・・
e0200405_0212727.jpg


**************************************
[PR]



by kinosan_kimono | 2014-08-07 00:23 | | Comments(0)

キャット・バルー(Cat Ballou)

キャット・バルー」は1965年のアメリカ映画で主演はジェーン・フォンダ

最近BSで放送していたものを見ました。
デジタル・リマスター版らしく、画面がとても綺麗です。
そして若い頃のすごく可愛いジェーン・フォンダが見られます。
西部劇というにはゆるすぎるし、コメディーというには笑いが単純すぎる。
でもそんなユル可笑しさが、私は大好き。

リー・マービンの酔っぱらいぶりやナット・キング・コールの素敵な歌声が最高な
楽しい映画です!
e0200405_2172074.jpg


**************************************
[PR]



by kinosan_kimono | 2014-08-01 21:10 | 映画・DVD | Comments(0)

日々の暮らしや大好きな着物のことを書いています。
by kinosan_kimono
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
プロフィール
着物
おでかけ
家族

田舎暮らしの思い出
スポーツ
映画・DVD
ダンス
音楽
着物リメイク
サイクルロードレース
相撲

未分類

フォロー中のブログ

最新のコメント

> Keiさん そうな..
by kinosan_kimono at 22:30
えーっ⁉️そーだったの⁉..
by Kei at 20:53
> りかさん そうなん..
by kinosan_kimono at 07:12
ご無沙汰してます!久しぶ..
by りか at 03:03
▫️Keiへ・・ そう..
by kinosan_kimono at 07:15
えーーーーっ!!!! ..
by Kei at 14:11
ムキムキおじいさんかぁ。..
by りか at 03:20
▪️りかちゃんへ・・ ..
by kinosan_kimono at 23:29
久々おじゃまします!筋肉..
by りか at 18:34
おーつ様。 faceb..
by kinosan_kimono at 00:51

最新のトラックバック

venuscozy.co..
from venuscozy.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
2015年版若手男性、池..
from dezire_photo &..
初めて見た
from Anything Story
次回の映画は?
from Anything Story
凄い記録
from Anything Story

検索

ブログパーツ

最新の記事

ゴールデングローブ賞のケイシ..
at 2017-01-15 11:15
2017年になりました。
at 2017-01-02 21:56
着物のお直し
at 2016-12-23 19:51
今戸焼
at 2016-12-18 00:42
ビンテージハウスで楽しむスタ..
at 2016-12-15 20:56

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧